「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトボールで鉄壁の守備を目指そう!上達のコツをご紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Jan de Wild/Shutterstock.com

東京オリンピックで正式に種目に復活したソフトボール。最後のオリンピックでは優勝したこともあり、日本代表には注目が集まる。また、老若男女を問わず楽しめるのもソフトボールの魅力。そこで試合のなかでもっとも大切な守備をクローズアップ、上達のコツを紹介する。

鉄壁の守備を目指す上達のコツ「守備が大切な理由とは」

ソフトボールの試合をおこなう上で重要なのは、バッティングやピッチングの練習だけではない。目立ちにくい守備の強化が実はもっとも大切だといえる。どれだけ得点を重ねたとしても、それ以上に相手に点をとられては意味がない。攻撃で1点をとるのは大変だが、守備で1点を守るのは難しいことではない。
覇者となった日本代表チームは守備に優れていたことでも知られている。活躍が目立ちにくい守備だが、普段の練習のメニューのなかに必ず取り入れよう。

鉄壁の守備を目指す上達のコツ「守りを強化する方法とは」

バッティングやピッチングは個人ででも練習ができるが、守備に関してはチーム全体で練習が必要となる。
まずは基本となるノックを練習しよう。コツは飛んできたボールの正面に素早く入り、腰を落としてボールをしっかりと捕球すること。そしてある程度の打球が処理できるようになったら、とったボールを投げる送球練習もしよう。自然と体が動くまで何度も練習し、普段のメニューに必ず取り入れよう。

おすすめの記事