「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトボールのバッティングか苦手な初心者必見!上達のコツをご紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by makieni/Shutterstock.com

東京オリンピックで正式種目に採用されて、ますます盛り上がりを見せているソフトボール。プロを目指している選手だけでなく、老若男女を問わず誰もが楽しめるスポーツとしても人気です。そこでバッティングが上手くなりたい人にオススメしたい、上達のコツをご紹介します。

バッティング上達のコツ「まずは基礎となる素振り編」

どんなスポーツでも基礎となる練習が大切です。ソフトボールのバッティングでの基本は、やはり野球やテニスと同じで素振りからスタートします。実際に使用するバットを使って練習をおこないます。素振りをする回数は難しく考えず、ある程度の目安があれば大丈夫。もちろん最初は少なくて構いません。
なぜなら回数をこなすことよりも、ピッチャーから飛んでくるボールをイメージしたり、スイングのフォームを確認することが大切です。やみくもに振るのではなく、一振り一振りを丁寧におこなうのがポイントです。

バッティング上達のコツ「正しい構え方編」

素振りの際にも注意してほしいのはバッティングの構え方。早い上達のコツは正しい構え方を身につけることです。両足は肩幅よりもスタンスを広めにとり、軸となる両足に均等となるよう体重をのせます。そして重心を下げるイメージで力まずに両膝を軽く曲げます。
バットの持ち方は右バッターの場合は右手が上で左手が下、左バッターは逆で左手が上で右手が下。どちらのバッターも上に位置する手は強く握らず、やわらかく持つのがポイントです。とにかく力まずにリラックスすることが大切です。

おすすめの記事