「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

静岡県のソフトボール強豪校をご紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール 女
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Steve Cukrov/Shutterstock.com

女子ソフトボール日本代表が金メダルを獲得したのは記憶に新しい。ソフトボールも他のスポーツと同様に、高校生の若い選手たちが激戦を繰り広げている。注目してほしい、静岡県のソフトボール強豪校を紹介する。

新人大会を3連覇した全国大会常連の強豪校「飛龍高等学校」

静岡県沼津市東熊堂にある飛龍高等学校は、私立の男女共学高校だ。文武両道の考えを実践しており、前身の沼津学園高校時代からスポーツ活動に積極的な学校である。学生寮も完備しており、勉学と部活動に集中し取り組む環境が整っている。
ソフトボール部は2年連続で全国総合体育大会出場するなど活躍しており、2016年には県の新人大会を3連覇したほど実力のある強豪校だ。全国選抜大会ではベスト16という結果となったが、全国大会で勝ち抜くために努力を重ねている。

国体で優勝した経験をもつ強豪校「城南静岡高等学校」

静岡市駿河区南八幡町にある城南静岡高等学校は私立の商業系学校だ。中学校も併設されており、さまざまな資格を目指し勉強ができる高校となっている。
古くからソフトボール部の強豪校としても有名で、1960年には熊本で開催された国体で優勝した経験をもっている。今は県大会制覇に向けて練習を重ねており、2016年におこなわれた第50回静岡県高等学校女子新人ソフトボール大会ではベスト4まで進出。加藤学園に1点差で負けてしまったが、粘り強い試合を見せた。

総体の県大会で優勝した強豪校「藤枝順心高等学校」

静岡県藤枝市にある藤枝順心高等学校は私立の中高一貫校だ。女学校として礼儀や校則が厳しい学校としても知られている。
スポーツ活動も熱心に取り組んでおり、とくに有名なのはサッカー部だ。全国大会を制覇するほどの実力を持ち、数多くのサッカー日本女子代表を輩出するなど名門校として有名である。ソフトボール部も油井昭宏監督のもと、全国制覇を目標に日々練習に取り組んでいる。2014年のソフトボール高校総体県大会では16年ぶりに優勝するなど、強豪校として結果を数多く残している。

県大会でベスト4に入る強豪校「聖隷クリストファー高等学校」

静岡県浜松市北区にある聖隷クリストファー高等学校は、中高一貫校の私立の学校だ。広々としたメインアリーナやトレーニングルームがある体育館などスポーツ施設も充実している。
2010年の秋には新しいソフトボール部のグラウンドが完成し、さらなる飛躍を目指し頑張っている高校である。県大会でベスト4に入る実力をもち、新人戦西部大会では準優勝するなど活躍している。2016年の第50回静岡県高等学校女子新人ソフトボール大会では、ベスト8まで勝ち進んだ。

全国大会にも出場する強豪校「浜松市立高等学校」

静岡県浜松市中区広沢にある浜松市立高等学校は、浜松市が管理する唯一の高校だ。もともと女子校だったが2005年から共学となった。
“チームいちりつ”をキャッチフレーズに掲げ、さまざまな部活動をおこなっている。校技がテニスとなっており、生徒の誰もがスポーツに触れる環境だ。陸上競技部がとくに全国的に有名だが、ソフトボールも県内では強豪校として知られている。第42回静岡県高等学校女子ソフトボール大会では、15年ぶりで4度目となる優勝に輝き全国大会にも出場を果たした。

まとめ

静岡県のソフトボール強豪校を紹介した。過去には総体で優勝した高校もある強豪校の集う地域となっている。どのチームも県大会を目指すだけでなく、全国制覇も目標にしており、今後の活躍が楽しみな高校ばかりである。

関連記事

おすすめの記事