「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

栃木県のソフトボール強豪校をご紹介

2017 2/9 09:26
ソフトボール 女
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Peieq/Shutterstock.com

野球に比べると広い敷地が不要で、安全性も高いため老若男女を問わずに楽しめるソフトボール。2020年の東京オリンピックで正式種目に採用され、今後の盛り上がりが楽しみなスポーツである。そこでオリンピック選手が誕生するかもしれない、栃木県のソフトボール強豪校をご紹介しよう。

スポーツの強豪校として知られる「宇都宮文星女子高等学校」

スポーツの強豪校として知られる宇都宮文星女子高等学校は、栃木県宇都宮市北一の沢町にある私立の学校。バレーボール部やバスケットボール部が有名で、全国大会で何度も優勝に輝くほどの実力校である。
近年は青のユニフォームをまとったソフトボール部も活躍しており、2015年には全国私立高等学校女子ソフトボール選抜大会でベスト8。そして2016年には関東高等学校女子ソフトボール大会で3位になるなど、強豪校として邁進している。

多くのソフトボール選手を輩出した「白鴎大学足利高等学校」

白鴎大学の系列校として中高一貫の教育をおこなっている白鴎大学足利高等学校。部活動を優先したいスポーツに秀でた生徒が多く、さまざまな運動部があり環境も整っている。2015年には栃木県新人大会で優勝するなど、ソフトボール部も数多くの成績を残している。
不動の3番として日本ソフトボール界を引っ張ってきた伊藤 良恵選手や、銀メダリストの増淵 まり子選手などを輩出。またソフトボール指導者としても有名な、金メダリストの染谷 美佳選手も白鴎大学足利高等学校が出身校となっている。

粘り強い攻撃が武器のソフトボール部「栃木県立さくら清修高等学校」

栃木県さくら市氏家にある栃木県立さくら清修高等学校は、県立としては強豪校となる高等学校。ベガルタ仙台レディースに在籍している、サッカーの井上綾香選手を輩出したことでも知られている。
ソフトボール部は粘り強い攻撃を武器に、県内の強豪校と互角の戦いを繰り広げている。2016年には全日本高校ソフトボール選手権大会県予選でベスト8、また3年生が引退し新チームとなるも高体連北部支部総体ソフトボール大会では3位と大健闘を見せている。

インターハイにも出場している強豪校「栃木県立大田原女子高等学校」

栃木県大田原市元町にある栃木県立大田原女子高等学校は、男女別学の県立高校。1911年に開校した大田原実科高等女学校を前身としており、創立100年をこえる歴史がある高校である。
ソフトボール部も数々の実績と伝統をもち、過去には全国高校総体女子ソフトボール大会で優勝するなどの経験をもっている。現在はインターハイや関東大会に出場することを目標に掲げていて、日々練習を重ねており、常に強豪校として名を連ねている。

スポーツ科があるソフトボールの強豪校「矢板中央高等学校」

栃木県矢板市扇町にある私立の矢板中央高等学校。サッカーの強豪校としても知られており、スポーツ科が併設されていて、充実した環境で部活動がおこなえる高校である。ソフトボール部は歴史があり、1969年にはインターハイでベスト8にも輝いている。
現在は関東高等学校女子ソフトボール大会に出場するなど活躍。全国高校選抜大会への出場と新人戦の優勝を目指し、選手たちは日々切磋琢磨し頑張っている。

まとめ

栃木県の活躍が期待されるソフトボール強豪校をご紹介してきた。スポーツ科がある高校から、多くのオリンピック選手を輩出した学校まで、さまざまな魅力のある高校が数多くありました。2017年はいったいどの高校が制覇するのか楽しみである。

関連記事

おすすめの記事