「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ソフトボールにはどんな種類の変化球があるの?

2017 1/25 10:28
ソフトボール ピッチャー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by john j. klaiber jr / Shutterstock, Inc.

ソフトボールのピッチャーは、野球とは異なり、下投げでボールを投げる。ボールのサイズも大きく、投球距離も野球に比べて短い。そんなソフトボールでも変化球がある。野球とは少し違った変化球の種類、投げ方、変化球を使用している主な選手などを紹介する。新しい知識を身に着けて、試合に見に行こう!

チェンジアップ

ソフトボールの変化球の中でも比較的シンプルに投げられるのがチェンジアップだ。チェンジアップは、ストレートと同じフォームで投げるが、ストレートに対してスピードが遅いのが特徴である。
握り方は、ボールを鷲掴みにして握り、そのまま手のひらを押し出すように投げる。親指と小指で軽く握り、それ以外の3本の指は使わない。チェンジアップは、打者のタイミングを外す変化球なので多投は禁物である。打者に読まれると逆に打ち頃のボールとなってしまう。
チェンジアップを得意としている選手は、女子日本代表にも選ばれている山根佐由里投手だ!山根選手は、ストレートとチェンジアップを同じフォームで投げられるので、打者にとって見極めが非常に困難だ。

ライズボール

ライズボールは、打者の手元でボールが浮き上がる変化球だ。打者にとってはストレートに見えるが、ボールが浮き上がってくるのでボールの下を振ってしまい打ち損じたりしてしまう。野球にはない、ソフトボールを代表する変化球と言えるだろう。
握り方は、人差し指と中指で縫い目に沿って握り、親指はその下に添えるだけだ。リリースの際に手首がボールの下に来た瞬間に、ボールを下からすくい上げるようにスナップをかけることにより、バックスピンをかける。 打ちづらい変化球だが、手首負担がかかるので肘、手首を痛めることもあるので注意が必要だ。 元女子日本代表の女大魔神の異名を持つ高山樹里氏は、得意のライズボールを武器に五輪で三大会連続で活躍した。

おすすめの記事