「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

埼玉県のソフトボール強豪校をご紹介

2017 1/25 10:28
ソフトボール 女
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/ Shutterstock, Inc.

2008年に開催された北京オリンピックで金メダルを獲得した女子ソフトボール。その後はオリンピック種目から外れるも、2020年の東京オリンピックでの復活が決定し日本チームの活躍が期待されている。未来のオリンピック選手が活躍する、埼玉県のソフトボール強豪校をご紹介する。

全国的にも知られるソフトボール強豪校「埼玉栄高等学校」

埼玉県さいたま市西区指扇にある埼玉栄高等学校は私立の中高一貫校。「文武技芸」という四道の考えで、勉強だけでなくスポーツ活動が盛んな学校として有名だ。近くには栄ソフトボールスタジアムがあり、練習環境も整っている。
そんな埼玉栄高等学校のソフトボール部は昭和53年に創部以来、全国制覇を何度も成し遂げる強豪校として、全国に“埼玉栄”の名を轟かせてきた。また2016年の埼玉県大会では2年連続で優勝し、これで通算18回目となっている。また「埼玉県高等学校新人ソフトボール大会」などでも優勝していうため、全国制覇に向けて活動が期待されている。

埼玉県のソフトボール強豪高「花咲徳栄高等学校」

埼玉県加須市にある学校法人佐藤栄学園が運営している“徳栄”、こと私立花咲徳栄高等学校だ。1982年に開校し歴史は浅いが、進学指導とクラブ活動の両立を目指し、スポーツ活動も盛んだ。
陸上競技場やサッカー場をはじめ、道場やプールなどの環境も充実、全国大会の常連校として知られている。女子ソフトボール部は、樋口尚美監督のもと全国選抜大会にも出場しており、2014年には新人戦県大会で優勝するなど活躍している。

水泳や野球部も強豪校として有名な「春日部共栄高等学校」

春日部共栄高等学校は、埼玉県春日部市にある中高一貫の私立校だ。大学受験対策も熱心で、難関大学への合格者も多数輩出している。また、野球部は強豪校として有名で、水泳部からもオリンピック選手を輩出しているような、スポーツ活動にも力を入れている高校だ。
ソフトボール部は高校からはじめた選手も多く在籍しているため、県大会出場を目指して日々努力している。2015年には東部地区夏季大会で3位、2016年には新人大会に進むも2次予選で敗退しているが、今後の活動が期待される高校だ。

ソフトボール全国大会でも強豪校の「星野高等学校」

埼玉県川越市石原町にある中高一貫校の星野高等学校。高校は女子部と共学部にわかれており、クラブ活動は全員が加入する決まりだ。運動場だけでなく全天候型のグラウンド“星野ドーム”があり、スポーツ環境も充実している。
ソフトボール全国大会でも強豪校として知られており、インターハイや選抜大会などで20回以上のタイトルを獲得している。2004年アテネ五輪日本代表の監督として知られる宇津木妙子さんや、北京オリンピックで金メダルを獲得した佐藤理恵さんなど、有名選手も輩出している。

今後の活躍が期待されるソフトボール強豪校「本庄第一高等学校」

本庄第一高等学校は、埼玉県本庄市仁手にある共学私立高校だ。2016年には本庄第一中学校が併設され、中高一貫校として生まれ変わった。女子サッカー部や女子バレーボール部が強豪として有名な高等学校だ。
しかし、全国高等学校総合体育大会ソフトボール競技の埼玉県予選でソフトボール部は、惜しくもベスト16という結果だった。今後は並みいる埼玉県の強豪チームを倒し、インターハイ出場を目標に掲げているチームだ。

まとめ

2020年に開催予定の東京オリンピックでは正式種目に採用されたソフトボール。かつての金メダルを手にした栄光のようにきっと輝ける大会になるのではないだろうか。今後が期待される若きエースたちに注目が集まりまる。

関連記事

おすすめの記事