「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本屈指の強豪校ぞろい!千葉県の高校ソフトボール部5選

2017 1/25 10:28
ソフトボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mejini Neskah/ Shutterstock, Inc.

2020年東京五輪の正式種目として復活したソフトボール。日本代表入りと金メダル獲得を目指し、意欲を燃やす女子高校生も多いだろう。ではその強豪校は、一体どのような実力と実績を持っているのだろう。

千葉県のソフトボール女王「木更津総合」

千葉県におけるソフトボール界において、トップをひた走るのは木更津総合高校(木更津市)だ。全校生徒が約1800人と県内一の規模を誇るマンモス校であり、野球や卓球といった球技が強いことでも知られている。
2016年全国私学大会では2連覇を達成。関東大会も2年連続で優勝するなど、その強さは正に全国区だ。同年は県代表として国体選手を5人も輩出し、千葉のソフトボール強豪校として貢献している。主なOGでは、捕手として2008年の北京五輪で金メダルを獲得したメンバーの峰幸代選手がいる。

木更津総合としのぎを削る強豪校「千葉経済大学付属高校」

千葉県の高校ソフトボールで木更津総合としのぎを削り、強豪として知られるのは、千葉経済大学付属高校(千葉市稲毛区)だ。こちらも木更津総合と同様、県内有数のマンモス校で、野球、自転車、女子バスケットボールなど、多くの競技が全国レベルの活躍を見せている。
2016年はインターハイ県予選において決勝で木更津総合を破り、その勢いで全国優勝も果たし、3月の全国選抜大会と合わせて「春夏連覇」を達成しておる。ソフトボールで最も旬な強豪校といえるだろう。

おすすめの記事