「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

北海道のソフトボール部強豪校を紹介します

2017 1/25 10:28
ソフトボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by EHStockphoto/ Shutterstock, Inc.

1996年のアトランタオリンピックから正式種目となっていたものの、2012年のロンドンオリンピックからは外されていたソフトボール。その復活が2020年の東京オリンピックでは決定されています。注目度の高い競技であるソフトボールの、北海道の強豪校を男女ともに紹介します。

17年連続優勝の北海道内屈指の女子ソフトボール強豪校・とわの森三愛

とわの森三愛高等学校は、北海道江別市にある私立の高等学校です。2010年に酪農経営科から名称変更となったアグリクリエイト科の他、普通科もアドバンスコースや獣医進学コースなどにわかれていき、多岐にわたって学べる学校です。ソフトボール部は2014年の第32回全国高等学校女子ソフトボール選抜大会決勝にて、全国大会初優勝を遂げました。
考えるソフトボールを実践し、全国大会での上位進出を目指して日々取り組んでいます。北海道の予選会においては2016年に17年連続優勝を果たしています。ビックカメラ女子ソフトボール高崎で、外野手として活躍している関優美子選手を輩出しています。

着実に力をつけている女子ソフトボール部・札幌東商業

北海道札幌東商業高等学校は、北海道札幌市厚別区にある道立の商業高等学校です。流通経済科・国際経済科・会計ビジネス科・情報処理科の4つの学科があり、どの学科も資格取得を強く意識し、自主自立の精神をもってさまざまなことを学んでいます。
ソフトボール部は、商業科ならではの女子の多さで、男顔負けの練習を日々行っています。2015年・2016年連続で高校体育連盟北海道予選会準優勝となり、全道大会の出場権を獲得しています。

おすすめの記事