「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外な国にびっくり!?男子ソフトボール強豪国をご紹介

2017 1/25 10:28
Softball  men
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Andrea Leone/ Shutterstock, Inc.

「ソフトボールは女性のもの」と考えている人はけっこう多いのではないでしょうか。たしかにソフトボールは女性チームの活躍が目立ちますよね。でも、実はソフトボールは男性のために生まれたスポーツなのです。今回は、そんなソフトボールの強豪国についてまとめました。

ソフトボールはボート競技の男性メンバーのために編み出された

ソフトボールは、当初から一つの競技として生まれたのではありません。冬のあいだ練習ができないボート競技の選手のトレーニング用に、野球を参考にして考案されたのが現在のソフトボールだといわれています。つまり、ソフトボールは、もともと男性だけのスポーツだったのです。
ソフトボールは、野球とは違い、ルールが簡単で、試合時間も短いため、男女を問わず参加しやすいスポーツです。また、アメリカ人男性のあいだでは、すでに野球が広く浸透していたこともあり、ソフトボール人口は女性中心となりました。日本などアメリカからソフトボールが伝えられた国々でも、やはり「男性は野球、女性はソフトボール」というすみ分けができたせいで、「ソフトボールは女性のスポーツ」という固定観念が形成されました。

強豪国その1~やはり母国は強し!「アメリカ」

世界の男子ソフトボール界で、強豪国として第一に名をあげるべきは、やはり母国であるアメリカでしょう。 ある競技の発祥地であるということは、それだけ競技の歴史、経験、選手人口が多いということです。当然、すぐれた実力をもった選手が育つ確率も高くなります。
男子ソフトボールの世界一を決定する最大の大会「世界男子ソフトボール選手権」では、アメリカチームは、第1回・2回大会と連覇。その後も通算5回の優勝を成し遂げています。近年は優勝から遠ざかっていますが、やはり指折りの強豪国であることには変わりありません。

おすすめの記事