「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本並びにそのライバルとなるソフトボール女子強豪国と主力選手を紹介

2017 1/10 14:42
ソフトボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.nikkei.com/

2008年の北京オリンピックで、ソフトボールの女子日本代表は史上初の金メダルを獲得しました。その後正式種目から外れたものの、2020年の東京オリンピックでは追加種目として復活、今後の正式種目としての採用が期待されます。今回は日本と、ライバルとなりうる強豪国の紹介をします。

2020年地元開催へ期待大!日本代表の主力選手を紹介

まず最初に紹介するのは、日本代表の大エースとも呼ばれる上野由岐子投手です。2001年に高校を卒業後、社会人のソフトボール部に入った彼女は、初年度から完全試合を2度達成するなど早くも頭角を表わし新人王を獲得しました。
2002年からは世界デビューも果たし、日本代表のエースとして成長していきます。そして2008年北京オリンピックでは、決勝トーナメント3試合を1人で投げ抜く鉄腕ぶりを発揮し、「胴上げ投手」にもなりました。

投手だけじゃない!日本代表、打の中心選手を紹介

日本代表には当然ながら、打撃において中心となる選手も存在します。
山田恵里選手は、中学時代に何と男子野球部に所属していました。不動の1番バッターとしてならしたものの、高校ではソフトボール部に入ります。そこでも非凡な才能を発揮し、インターハイで優勝するなどの実績をあげたあと、社会人でも同じ道を進みました。
勢いは止まらず、国内リーグで本塁打王や打点王を獲得し、日本代表としても巧みなバットコントロールでヒットを量産、大リーグで3000本安打を獲得した日本人大リーガーにちなみ「女イチロー」の異名を持っています。

おすすめの記事