「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

遂にオリンピックで復活するソフトボール、日本代表の現在地

2016 12/9 12:03
ソフトボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://mainichi.jp

北京での栄光から12年、東京五輪で遂に女子ソフトボールが正式種目として復活します。 金メダルを獲得した2008年、国民を大いに沸かせたソフトボール日本代表は、東京で再び栄冠に輝くことができるのか? 日本代表の現在地や強さについて検証してみました。

オリンピックに見る、ソフトボールと日本代表の軌跡

2008年北京五輪。女子ソフトボール日本代表の金メダルに国中が歓喜、それまでマイナースポーツの1つだったソフトボールは一気に注目の存在となりました。
日本にとって金メダル獲得は悲願の目標でした。初めてソフトボールが実施された1996年アトランタ大会では4位とメダルにあと一歩。その後、2000年シドニー大会で銀メダル、2004年アテネ大会で銅メダルを獲得したものの、金メダルには届かなかったのです。それだけに、北京での勝利による喜びは格別なものでした。
しかし、2012年ロンドン大会と今年のリオ大会ではオリンピック種目から除外されてしまい、2008年の歓喜から一転、再びマイナースポーツとしての地道な活動を余儀なくされてきました。

世界における、女子ソフトボール日本代表の現在地

オリンピックの戦績が示す通り、日本は世界でも屈指の強豪国に挙げられます。国際舞台では、ソフトボールの発祥国であるアメリカの他にカナダ、オーストラリア、ニュージーランド、アジア勢の中国、台湾、ヨーロッパではオランダ、イタリア、チェコなどが強く、これらの国で世界ランキング10位までが形成されています。現在、日本は世界ランキング第1位となる1560ポイントを稼いでいます。以下、アメリカ、オーストラリアと続きます。
2010年以降は隔年開催の「世界女子ソフトボール選手権」は、これらの強豪国を中心としたナショナルチームが激突する大会です。第13回大会で日本は42年ぶりの優勝を飾り、第14回で連覇を果たしましたが、今年行われた第15回ではアメリカに敗れ、惜しくも準優勝に終わっています。

おすすめの記事