「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「スーパーリーグはあり得ない」 UEFA会長が新提案も内容にECA案と類似点

2019 7/10 11:00Takuya Nagata
UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

スーパーリーグはあり得ない

欧州サッカーの今後の大会のあり方を巡り、論争が沸き起こっており、様々な団体が意見を発信している。そして、ここに来て最高権力者であるUEFA(欧州サッカー連盟)のアレクサンデル・チェフェリン会長が見解を述べるに至った。

「スーパーリーグは、私の在任中に、開催されることはありません」

チェフェリン氏は、2016年にUEFA会長に初当選し、2期目の選挙は対抗馬なく再選され、次の4年間も続投することが決まった。今回の選挙前には、スーパーリーグの創設には、基本的に反対としていたため、欧州全土がそれを支持したとも見ることが出来る。

CL出場権を付与し選手流出阻止、弱者守る手段

チェフェリンUEFA会長は一方で、スーパーリーグ案に一見すると近づくかのような新たな提案を英タイムズ紙に明かしている。

「今年で言えばアヤックス、以前のモナコやレスター・シティのようなチームを守りたいと我々(UEFA)は考えています。アヤックスは、準決勝を戦い、そして今、選手達を売却せざるを得ない状況にあります。理由は、来年、欧州チャンピオンズリーグ(本大会)に出場できるか分からないからです。過度に閉鎖的になるため、あまりに沢山のクラブを保護するべきだとは思いませんが、ある程度の保護が必要だと考えます。一つのアイデアとして、大会の一定のステージまで進出したクラブは、翌年も出場権を得るというものです。しかし、まだ議論中です」

現状、欧州チャンピオンズリーグ(CL)では、優勝チーム以外は、翌年の出場が保証されず、出場権を得るには国内リーグ等で好成績を収める必要がある。

オランダリーグは、UEFAランキング11位のため、今年エールディヴィジを優勝したアヤックスでも、欧州CL3次予選から勝ち抜かないと、CL本大会には出場できない。今年、際立った活躍をしたアヤックスの若さ溢れる選手たちは、豊富な軍資金を持つビッグクラブの引き抜きのターゲットになっている。

日本代表の岡崎慎司が活躍したレスター・シティは、世紀の番狂わせとなった 2015-16シーズンのプレミアリーグ初制覇後、2016-2017シーズン欧州CLでも準々決勝進出と大躍進した。一方で、同シーズンの国内順位は12位と低迷し、翌年のCL出場は果たせず、財政的にもビッグクラブには遠く及ばない状況は同じまま。優勝の立役者となったエンゴロ・カンテやダニー・ドリンクウォーター、リヤド・マフレズなどの活躍した選手たちは次々にビッグクラブに引き抜かれていった。

おすすめの記事