「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

CL決勝11年ぶりプレミアL勢対決 レッズとスパーズの共通点とは

2019 5/28 07:00橘ナオヤ
トッテナム・ホットスパーズ対リヴァプールⒸvadym_burla/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒvadym_burla/Shutterstock.com

11年ぶりのイングランド勢同士の決勝

6月1日、アトレティコ・マドリーの本拠地エスタディオ・メトロポリターノ(CLではネーミング・ライツに基づく呼称は使えないため、ワンダ・メトロポリターノとは呼ばれない)でチャンピオンズ・リーグの決勝が行われる。

ピッチに立つのは、プレミアリーグのトッテナム・ホットスパーズ(以下スパーズ)とリヴァプール(以下レッズ)の2クラブ。ここ5年のCLのタイトルは、スペイン勢が独占していた。そのため、イングランド勢同士の決勝は実に11年ぶりとなり、最後にビッグイヤーを掲げたイングランドのチームは2011-12シーズンのチェルシーにまでさかのぼる。

両者ともギリギリを勝ち抜き決勝へ

今季のCLで決勝まで勝ち上がってきた両者の戦いぶりには、いくつかの共通点がある。1つは、スパーズはグループBで2勝2分け2敗、レッズはグループCで3勝3敗の2位通過と、グループステージでどちらもギリギリ2位通過だったこと。

勝ち点・得失点差が3位インテルと同じだったスパーズは、総得点数で10-5と上回り、辛くも決勝トーナメント進出を果たした。また、3位ナポリと勝ち点・得失点差が互角だったレッズは、総得点数が9-7でこちらも首の皮一枚で、2位の座を掴んだ。

おすすめの記事