「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ベンゼマが「最高のストライカー」へ変貌 低迷するマドリーをけん引

2019 4/13 11:00橘ナオヤ
カリム・ベンゼマ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ジダン復帰も苦しむマドリー

2018-19シーズン、レアル・マドリーは苦しんでいる。絶対的エースだったクリスティアーノ・ロナウドが去り、新監督ジュレン・ロペテギは早々に解任。その後サンティアゴ・ソラーリ暫定監督のもと、一度は持ち直したが、リーガ、国王杯、そして4連覇を目指したチャンピオンズリーグ、一週間ですべてのタイトルの可能性がほぼ断たれた。昨シーズンまでチームを率いたジネディーヌ・ジダンが監督に復帰したものの、目指すべきものを失ったチームは、復活したとは言いきれない。

苦しむマドリーの最前線で気を吐き、チームを牽引する男がいる。クラブ在籍10シーズン目、第3主将のFWカリム・ベンゼマだ。低迷する今季のマドリーで最高の選手ともいえるベンゼマは、第31節エイバル戦で2ゴールを決め、先制を許したチームを救った。31節終了時点でリーグ戦全試合に出場、17ゴールはチームトップのゴール数でリーグでも4位につけている。

ベンゼマと共に攻撃の要として期待されたギャレス・ベイルは8得点でチーム2位、CBのセルヒオ・ラモスの6点でチーム3位だ。当たり前のようにシーズン30ゴール以上をたたき出していた相棒ロナウドを失った今、ベンゼマにかかる期待と責任は重い。だがそんな重圧をよそに、不振に喘ぐマドリーの中で輝きを放っている今季のベンゼマ。

おすすめの記事