「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レアル・マドリー逆襲へ ジダンとスタジアムのデジタル化が立て直しのカギ 

2019 4/11 07:00Takuya Nagata
サンティアゴ・ベルナベウ,
このエントリーをはてなブックマークに追加

スタジアムのデジタル化、電撃発表

スペインリーグのレアル・マドリ―が、本拠地サンティアゴ・ベルナベウの次世代型デジタルスタジアム構想を発表した。5億2500万ユーロ(約666億円)の予算を投じ、今季終了後に着工し、2023年に完成予定だ。

観客収容人数は増やさずに8万1000人を維持するが、開閉式の屋根により悪天候でも観戦しやすくなる。また観客席を360度囲むようにスクリーンが設置され、スタジアム外壁はチタンで覆われる近未来的デザインだ。

観客動員低迷、スタジアム改修で財政建て直し

レアルは、スタジアム併設のミュージアムやレストラン等、試合以外のアトラクションも充実させ、売り上げの増加と安定を目指す。

フロレンティーノ・ペレス会長は「ここをすばらしい次世代のデジタルスタジアムにして、改修により得る収入で、その費用を支払いたいと考えています。サッカー界で確実なものがなくなっていく中で、レアル・マドリ―に更なる競争力をもたらします」

今季のレアル・マドリ―のホーム戦の観客動員は、過去10年で最低水準に低迷し、5万人を割った試合もある。その原因の一つは、スター選手のクリスチアーノ・ロナウドの退団だ。今季昇格したばかりのSDウエスカ戦の観衆は49,293人だった。これは、Jリーグであれば、トップクラスの動員だが、銀河系軍団にとっては、閑古鳥が鳴いている状態だ。

スタジアム近代化の予算は、借り入れによりまかない、今後30数年をかけて返済する計画だ。スタジアムを目玉にすることで、人気選手の出入りに大きく左右されない安定した収入源を確保し、借金返済は長い年月をかけてコツコツと行う。世界有数の経済力を誇るレアルなら、もっと短期で返済することもできるだろうが、これは非常に手堅い方法だ。

スタジアムを建てたがゆえにチームの強化費用が賄えなくなり、極端な例では降格することもある。立派なスタジアムを建てても、下部リーグで客席がガラガラになっては、元も子もない。

レアルの予算規模なら、今回のスタジアムリニューアルによる強化予算への影響は比較的小さいと考えられる。とりわけ、今夏はチームの補強が急務なため、これは大きい。

おすすめの記事