「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

クラブW杯ボイコット示唆、欧州クラブ協会とは

2019 4/7 15:00Takuya Nagata
サッカー,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

欧州が反発、クラブW杯拡大案にノー!

国際サッカー連盟(FIFA)は米国マイアミで行った理事会で、クラブワールドカップを現行の毎年7チーム開催から、4年毎に24チームで開催する方針を決定。欧州の理事はこの案に反対だったが、FIFAは、理事会の決定事項として2021年大会からの実施を発表した。

そこで即座に反応したのが欧州クラブ協会(ECA)だ。ECAに加盟する232クラブが、改編後のクラブW杯に参加しない意向を明確に示したのだ。

レター送付「許容不可」

レアル・マドリ―、バルセロナ、マンチェスター・ユナイテッド、バイエルン・ミュンヘン、ユベントス、パリ・サンジェルマン(PSG)等、15クラブの署名入りで欧州サッカー連盟(UEFA)に送られたレターの内容が、ドイツのズッドドイチェ・ザイトゥング祇で明らかになった。

「クラブワールドカップのリフォームに強く反対します。ECAに加盟するクラブは、そのような大会に参加しません。2024年まで現行の大会と試合スケジュールが決まっている状況で、欧州クラブにとってこのような世界大会は、いかなるものもであっても許容できません。欧州クラブの正当な懸念と利益に適切な方法で対応がなされるまで、FIFAには、クラブワールドカップのいかなる決定も延期することを要請します。」

ECA は、収益の分配の仕方を検討し直すタスクフォースの設置を要求しているが、FIFAはそれを拒んでいるとも言われる。

もうひとつの問題は、2021年があまりに性急だという点だ。ちなみにFIFAは、各国代表チームで戦うW杯の拡大も当初の2026年から2022年に前倒しを決定している。ECAは、既に年間の試合数が、とりわけ代表選手にとって許容しがたいものになっているとし、W杯の32チームから48チームへの拡大にも反対の姿勢を示している。

また現行のクラブW杯に完全に満足しているというわけでもなく、12月という欧州のシーズンの真っただ中で行われることが欧州勢からは問題視されている。

おすすめの記事