「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ピケが世界最強の非公式代表チームではつらつ スペイン代表引退で「バルセロナでも好調」

2019 4/3 15:00Takuya Nagata
ピケ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

カタルーニャ代表がベネズエラに勝利

FIFAが定めるインターナショナルウィークには、クラブに所属する選手たちが、代表に招集され、世界各地で国際試合が行われる。ヨーロッパでは、いよいよ欧州選手権(ユーロ)予選が始まった。優勝候補の一角、スペインは、ルイス・エンリケ監督が個人的事情でマルタ戦を欠席したが、順当に2勝しグループFの首位。しかしそこには、もう一人の重要人物の姿がなかった。FCバルセロナのジェラール・ピケだ。

圧倒的な実力がありながらスペイン代表引退宣言

ジェラール・ピケ(32歳)は、2018年ロシアワールドカップを最後にスペイン代表を引退した。当時スペイン国内は、バルセロナ市を首都におくカタルーニャ自治州の独立運動でざわめいていた。ピケは、積極的にカタルーニャ独立を支持するコメントを発していたため、スペイン代表に招集された際に、サポーターからブーイングの嵐を浴び、練習が異様な雰囲気に包まれることもあった。スペイン代表でプレーする資格があるのかとの声が聞かれる中、監督や本人は、政治とサッカーは別物だと言い続けてきた。

しかし、バッシングのさなか、ピケはあっさりと身を引いた。代表引退後もFCバルセロナの主力選手であることに変わりはない。eスポーツのプロサッカーリーグ創設にも参画し、194cmの長身で2枚目なことからモデルも務め精力的。妻は南アW杯公式ソング「Waka Waka (This Time for Africa)」を手掛けた歌手シャキーラで、様々な層から注目され続ける存在だ。

おすすめの記事