「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

没落のレアル・マドリーと隆盛のマンチェスターU、欧州サッカーの勢力図に異変

2019 3/12 15:00Takuya Nagata
野球ボール,ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

欧州CL16強でレアル敗退、マンU逆転勝利の大波乱

欧州チャンピオンズリーグ(CL)は、グループリーグを突破した16チームが出揃い決勝トーナメント1回戦の火ぶたが切って落とされた。欧州CL三連覇中だったレアル・マドリーが2試合合計3-5でアヤックス・アムステルダムに敗れる大波乱があった。また、マンチェスター・ユナイテッドは、第2戦のロスタイムに決定的な1点を決め、2試合合計3-3で同点ながら、アウェーゴールで上回り、パリ・サンジェルマン(PSG)を下した。

魔の1週間、レアル・マドリーに無冠の足音

レアル・マドリーは、2月下旬にスペイン国王杯準々決勝でバルセロナに屈し、その直後にも国内リーグ戦でバルセロに敗れ、優勝戦線を脱落。ホームでのクラシコ2連敗でチームの状態は良いとは言えなかった。

そして、セルヒオ・ラモス主将が、アヤックスとの第1戦で、先々の戦いを見越して、イエローカードを受け、第2戦出場停止になった。これは、連覇中の王者のしたたかな戦略だったのだが、それを公言してしまったことで、累積警告を意図的に消化したとして、1試合のはずが、2試合出場停止となった。

これにより1回戦を突破しても、準々決勝第1戦への出場はできなくなり、チームの雰囲気はさらに悪化。また、レアルがアヤックスを小物扱いしていることを浮き彫りにする形となり、相手の闘志にも火をつけてしまった。

結果は、ホームで1-4という悪夢のようなスコア。わずか一週間足らずで、タイトル3つが眼前から消え、更には若手エースのビニシウス・ジュニオールが右足の腓骨関節の靭帯損傷という重傷を負った。

おすすめの記事