「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

トッティの再来か? ローマに現れた神童ザニオロとは

2019 2/20 07:00橘ナオヤ
ザニオロ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

若手が躍動するCLで彗星のごとく現れたニューアイドル

2018-19シーズンのUEFAチャンピオンズリーグもいよいよ決勝トーナメントが始まった。今大会は若い選手の活躍が目立つ。オールド・トラフォードではパリ・サンジェルマンの20歳の怪物、キリアン・ムバッペがCL通算14得点目となるゴールを決め勝利に貢献した。

すでにトッププレーヤーとなったムバッペだが、彼だけが将来を嘱望されているわけではない。同時刻、ローマのスタディオ・オリンピコで、イタリア代表の新記録を打ち立てた若者がいた。ASローマのニューアイドル、ニコロ・ザニオロだ。

インテルが見い出し、手放した神童

1999年にトスカーナ州マッサに生まれたザニオロは、フィオレンティーナのユース出身。2017年にミランやユヴェントスといった強豪が関心を示す中、インテルが獲得に成功した。2017-18シーズンには、プリマヴェーラ(ユースリーグ)で13ゴールを挙げて得点王に輝き、インテル優勝の原動力にもなった。

ミッドフィールダーながら類まれな攻撃センスを持つ彼は、インテルの未来として期待されていたが、当時トップチームを率いていたルチアーノ・スパレッティはこの若手にチャンスを与えることはなく、インテルでトップチームデビューを果たすことはなかった。出番を欲するザニオロは2018年、ラジャ・ナインゴランとトレードする形で、ダビド・サントンとともにローマへと移籍した。

おすすめの記事