「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ブラジリアン・ドリーム目前で… 名門CRフラメンゴのユース10人が火災の犠牲に

2019 2/14 11:00Takuya Nagata
フラッグ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

ブラジルのフラメンゴで火災、ユース選手10人死亡3人負傷の大参事

サッカーの神様ジーコら、数々の名選手を輩出しているブラジル・リオデジャネイロを本拠地とする名門CRフラメンゴのニーニョ・ド・ウルブにある練習施設の宿舎で、2月8日に火災が発生し、14歳から17歳の所属選手10人が死亡、3人が重軽傷を負う大惨事となった。

123年のクラブ史上最悪の事故、宿舎は違法建築だった

避難した選手の一人は「エアコンから出火しているのを確認し、即座に逃げた」と証言している。その後の調査で現場は建設許可を得ておらず、駐車場として登録されており、宿舎としての新たな申請もなかったことが分かった。リオデジャネイロ当局によると、フラメンゴはこの練習施設の違反で31回罰金を科され、そのうち21回は支払いが済んでおらず、2017年10月には一時閉鎖に追いやられる事態となっていた。

しかし、フラメンゴのレイナルド・ベロッティ社長は「宿舎はしっかりとした構造だった。練習場を合法化する手続きを行う必要はあるが、9つの認可が必要で、すでに8つまでは取得していた。消防局と協力して進めていること。これらの少年たちはフラメンゴ最大の宝であり、ケアを怠るということはありえない」とし、火災とライセンスの問題は無関係だと主張。その前に発生した嵐で電気の供給が不安定になったことが原因ではないかと指摘。火災の前には、大雨が降り洪水や市民に死者が出るほどの被害があったが、今回の火災との関係は不明だ。

運動神経に優れた10人の若者を犠牲にしたことで、建物の素材に問題がなかったかという点も気になる。建築に使用されたコンテナの製造元メーカーは「内部の素材は防火仕様だった」とし、建物自体に問題はなかったと強調している。 フラメンゴのロドルフォ・ランディム会長は、「123年のクラブの歴史上、最悪の悲劇だ。」とうなだれる。

おすすめの記事