「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アメリカ メジャーリーグサッカーの気になる観客動員数は?

2016 9/8 02:39
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oranzy/Shutterstock.com

アメリカでもすっかりサッカーが根付いたが、そのアメリカ メジャーリーグサッカーの観客動員数がどの程度なのか知りたいのでは?
そこで今回は、メジャーリーグサッカーの観客動員数について解説する。

創設期の1996年の観客動員数は?

アメリカワールドカップの余韻が残る1996年、メジャーリーグサッカーはスタートを切った。Jリーグ同様に独特なレギュレーションを採用してアメリカナイズされたリーグだった。
観客動員数という面で見てみると、かなり苦戦していたことが伺える。実は、1996年より前にリーグがスタートする予定であったものの、資金難のためにこの時期になった。そんなドタバタもあって、観客動員的に苦戦してしまったのだ。

開幕特需も薄れて……

アメリカのスポーツというと、どれもが多くの観客で盛り上がっている印象が強いのだが、メジャーリーグサッカーは開幕時点で思うほど人気が出なかった。開幕特需も薄れた1997年には、2,000人近く動員数が落ちる事態が発生してしまう。
その後は横ばいで推移するものの、これといった対策方法がなく苦戦が続く。1998年には12チームと拡大するが、これといった起爆剤とはならず、逆に予算難を巻き起こす事態となってしまう。

2009年にチーム数を増やした!

観客動員数がやっと徐々にではあるものの右肩上がりとなってきた中で、2009年にチーム数が15チームに拡大する。その後もチーム数を増加していき、19チームが参戦するリーグにまで拡大する。
この頃から、世界のスーパースターが多くメジャーリーグサッカーでプレイするようになる。それもあり、観客動員数は更に上昇することになった。これが好循環となって、さらに多くの名選手がプレイすることにもなる。その代表格がデビット・ベッカム!

最新の観客動員数は?

2015年シーズンの観客動員数はどのようになっているかというと、22,000人近くまで上昇している。これは過去最大の数字であり、活況を呈しているのが伺えるデータである。
選手で言えば、アンドレア・ピルロやフランク・ランパード、ダビド・ビジャといったスター選手がプレイしている。年齢的にはピークを過ぎているといえるが、円熟味のあるプレイでアメリカサッカーの発展に寄与しているのだ。そんな選手を見ることができるのが、メジャーリーグサッカーの魅力の一つだ。

観客動員数トップはこのチーム!

メジャーリーグサッカーの中でトップの観客動員数を誇っているのがシアトル・サウンダーズだ。2015年シーズンでは44,247人となっていて、非常に高い人気なのだ。
2007年に誕生したばかりのチームであるが、シアトルという土地柄もあって熱狂的なサッカーファンが多い。スター選手こそ不在なのだが、真のサッカーファンが集うスタジアムとして、センチュリーリンク・フィールドは常に盛り上がっているのだ。

まとめ

爆発的な人気を誇っているメジャーリーグサッカーだが、まだまだ伸びしろがあるリーグだ。
今後もスター選手がドリームを求めてこのリーグでプレイすることだろう。

関連記事

おすすめの記事