「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ドイツ ブンデスリーガの脅威の観客動員数に迫る!

2016 9/8 02:39
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oranzy/Shutterstock.com

内田篤人や原口元気がプレーしているドイツ、ブンデスリーガ。その観客動員数は世界一と言われているが実際どれくらいの動員数なのだろうか。

世界一の観客動員数

現在世界中で最も観客動員数が多いのがドイツのブンデスリーガだ。香川や内田、長谷部と言った日本を代表するプレーヤーも数多く在籍している。しかし、サッカーの実力だけを考えると、2強はスペインのリーガエスパニョーラ、イングランドのプレミアリーグと言われている。
これは海外サッカーについて詳しい人であれば、意見が一致する部分ではあると思うのだが、ではどうしてドイツブンデスリーガが世界で最も観客動員数が多いのだろうか。ドイツブンデスリーガの観客動員数の秘密に迫ってみたいと思う。

平均観客動員数が他リーグを圧倒

ブンデスリーガの平均観客動員数は2004年以降トップを走り続けている。1990年は平均20,000人だったが、そこから順調に数を伸ばし、ここ数年は安定して40,000人と、とんでもない数値を叩き出している。2004年まではイングランドプレミアリーグと競い合ってきたのだが、それ以降は安定してトップを守っている。最多をほこったのが2011年でなんと平均は45,000人越。
世界屈指の強豪チームであるバイエルンミュンヘンだけならその数値も納得できるが、リーグの平均観客動員数がこの数値と言うのだから、脅威という言葉しか思いつかない。

おすすめの記事