「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

クラブW杯で大波乱、アル・アインが鹿島に次ぐ2例目の開催国枠で決勝進出

2018 12/19 18:00Takuya Nagata
フセイン・エル・シャハト,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

PK戦の末、アル・アインが南米王者下す

アジア王者として鹿島アントラーズも参戦のFIFAクラブワールドカップ2018は、UAE(アラブ首長国連邦)で開催され、12月18日の準決勝では、開催国枠で出場したアル・アインが延長戦を終え2-2となり、PK戦の末5-4で南米王者のリーベル・プレートを下す大波乱を起こした。

アル・アインは、前半6分に先制し、その後、11分、16分と立て続けに失点を許すも、後半6分に元鹿島のカイオが同点弾を決めると、延長戦でも最後まで南米王者に食らいつき、勝利をものにした。これにより、2016年大会(日本開催)の鹿島アントラーズに次ぐ、2クラブ目となる開催国枠からのクラブW杯決勝進出を果たした。

アル・アインは、プレーオフでもオセアニア代表のチーム・ウェリントンFC(ニュージーランド)をPK戦で制し、続くアフリカ代表エスペランス(チュニジア)相手には、3-0と快勝。そこから中2日で臨んだ準々決勝だった。肉体的疲労はピークに達しているが、短期決戦の大会だけに、大陸間移動を強いられ、調整時間の限られた他クラブと比較し、地元開催というアドバンテージを最大限に活かして手にした勝利だ。

おすすめの記事