「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年バロンドールはモドリッチの手に、二強時代の終焉と新時代の予感

2018 12/5 07:00橘ナオヤ
ルカ・モドリッチ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

2018年のバロンドールは文句なしにモドリッチ

1年で最も優れた選手に贈られるバロンドールの授賞式が、現地時間12月3日に行われた。トップ10の選手が順に呼ばれ最後に残ったのは、ポルトガル人とクロアチア人、そして2人のフランス人の4人。栄光のトロフィーにキスをしたのは、レアル・マドリーのクロアチア代表MFルカ・モドリッチだった。これで、ついに二強時代が終わった。

トップ10の面々は次の通り。

2018年度バロンドールランキングTOP10,ⒸSPAIA

ⒸSPAIA

事前予想でもモドリッチが最有力だった。次点にはFIFA“ザ・ベスト”(年間最優秀男子選手賞)で、モドリッチとともに最終候補となったサラーとロナウドが有力視されており、ワールドカップロシア大会優勝国であるフランスのヴァラン、グリーズマン、ムバッペらも候補とされていた。結果、その全員がトップ10入りに。また同大会で、ベスト4に入ったベルギーとイングランドからも選出された。

優勝国の選手が受賞しなかったことは議論の対象になるだろう。だが、顔ぶれについては、10人中7人がW杯ベスト4の代表なので順当だと言える。

おすすめの記事