「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

“ユーヴェのロナウド”絶好調! 不安一蹴しイタリア王者をけん引

2018 11/29 15:00橘ナオヤ
クリスティアーノ・ロナウド,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

新天地に降り立った王者ロナウド

レアル・マドリーに絶対的エースとして君臨すること9シーズン。チャンピオンズリーグ3連覇を果たした2017-18シーズン終了後、クリスティアーノ・ロナウドはマドリーとの契約を解除し、イタリアの王者ユヴェントスへの移籍を発表した。

スーパースターの突然の移籍は、新たなチャレンジとして驚きをもって受け止められた。

テクニックとスピードが魅力のリーグから、堅守のリーグで今まで通りの得点力を発揮できるのか。スーパースターは指揮官マクシミリアーノ・アッレグリやチームメイトとなじむことはできるのか。

こうしたいくつかの懸念の声がわき起こっていたが、シーズン序盤戦を終えたいま、ロナウドはそうした懸念をねじ伏せるような大活躍を見せている。

短時間で順応し無敗のチームの原動力に

最も出来たシナリオは、開幕戦から怒涛のゴールラッシュで、堅守の文化を早々に打ち破ってしまうーそんなところだったか。

だがセリエA初ゴールが生まれたのは第4節のサッスオーロ戦。初得点まで時間はかかった。だがひとたびゴールネットを揺らすと、チームへの順応スピードは一気にアップした。

2トップの相棒マリオ・マンジュキッチやパウロ・ディバラ、ドウグラス・コスタ、快く背番号7を譲ってくれたフアン・クアドラードらFW陣と強力な前線を形成。彼らとの連携が機能しはじめ、瞬く間にゴールを積み重ねた。

セリエA第13節終了時点で9ゴール5アシスト。チームトップスコアラーなのはもちろん、リーグ得点ランキングでも2位につけている。

アシストの多さにも注目したい。30代に入り以前のような爆発的なドリブルスピードは無いものの、判断力と前への突破力は健在。マーカーとして相手をひきつけ、マンジュキッチら味方にスペースを提供する。第9節のラツィオ戦では得点こそなかったものの3アシストを記録した。

ユーヴェはリーグ無敗の13戦12勝。ロナウドはリーグ戦全試合で先発し、間違いなく無敗の原動力となっている。

おすすめの記事