「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知ってるとより楽しい!オランダ・エール・ディビジ徹底解説

2016 9/2 03:22
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by gualtiero boffi/Shutterstock.com

サッカーに関する知識をもっと深めたい方へ。
サッカーに興味を持ち始めたのであれば、海外のリーグについても知りたいですよね!4大リーグ以外に、オランダのエール・ディビジも知っておいて損はしません。
今回は、オランダ・エール・ディビジの基本情報をご紹介します。

エール・ディビジとは?

エール・ディビジは、オランダにあるプロサッカーリーグの1部リーグのことを言います。日本では、そこまでなじみのないリーグかもしれませんが、サッカー愛好家の中では有名なリーグであり、「エール」と呼ばれています。
オランダのサッカーの歴史は古く、1897年に始まったと言われています。オランダにプロサッカーが生まれ、このエール・ディビジが発足したのは1956年であり、リーグは発足当時と変わらず18のクラブチームで構成されています。

育成枠的なリーグとしてとらえられることが多い

このエール・ディビジが、サッカー愛好家の間では有名であると書きましたが、4大リーグのように一般の人々にも浸透していないのに、なぜ一部の人には有名なのでしょうか?それは、フランスのリーグアンと同様に、移籍時点で今一歩4大リーグに通用しないであろう選手が、4大リーグへの足掛かりとするために、このエール・ディビジで研鑽を積むというパターンが多いからです。
そのため、有能な選手の育成枠的なイメージを抱いている人が多く、次世代の有能選手を見つけたいサッカー愛好家の中では、とりわけ有名なリーグと認識されているのです。

意外に日本人選手も活躍していた!

このように、有能な選手の登竜門的な位置づけになっていることから、日本のプロサッカー選手も、過去にエール・ディビジで活躍していました。2001年、小野伸二選手がエール・ディビジのフェイエノールトへ移籍したことで、日本でも注目を集めるようになりました。
また、本田圭佑選手がVVVフェンローに在籍していたことなどからも、一般の人はリーグを知らなくてもクラブチームを知っているという人も多いです。最近では、吉田麻也選手が在籍していたことでも知られていますね。

まとめ

今回はオランダのエール・ディビジの基本的な情報についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
どちらかというと、有望選手の登竜門的なリーグではありますが、将来のスター選手を探してみても面白いかもしれませんね。

以上「知ってるとより楽しい!オランダ・エール・ディビジ徹底解説」でした。

関連記事

おすすめの記事