「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

意外と知らない?!フランス・リーグアンの徹底解説

2016 9/2 03:22
イメージ画像Ⓒzooropa/Shutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒzooropa/Shutterstock.com

リーグアンとは

フランスのプロサッカーのトップリーグであるリーグアンだが、1932年の創設当時は「ディビジオン・アン」と呼ばれており、2002年にチーム名をリーグアンへ変更した。

サッカーにおいてはモナコ公国もフランスに含まれると考えられており、クラブチームの参加も認められている。そのためASモナコも参加しており、過去には優勝したこともある。

4大リーグへの足掛かり的な立ち位置に見られることも

ブラジル代表やフランス以外の国の選手も多く在籍しているリーグアンは欧州4大リーグの次に当たる5番目のリーグとして定着しており、4大リーグへの足掛かりとしてリーグアンへ挑戦する将来有望な選手もいる。

成功の暁には4大リーグへ移籍するといった経路を取ることが多いため、4大リーグからは「非常に注視しておくべきリーグ」としてみられている。

黒人系選手が多い

フランスの歴史背景からもわかることだが、アフリカからの移民が多いこともあって黒人系の選手が非常に多いことでも有名。そのためアフリカからフランスへステップアップするための挑戦の場として移籍してくる選手も多く、近年は身体的能力が高いアフリカ系選手を注視している4大リーグ所属のチームも多々ある。

おすすめの記事