「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

世界一の観客動員数を誇るドイツ・ブンデスリーガの徹底分析

2016 9/2 03:22
ドイツカラーバレーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Susanna Hakobkyokhvyan/Shutterstock.com

日本でも注目度の高いドイツ・ブンデスリーガに興味を持った方へ。
最近では日本人選手の活躍もめまぐるしく、もっとリーグについても知っておきたいですよね!
今回は、知っておきたいブンデスリーガの基礎知識をご紹介します。

ドイツ・ブンデスリーガとは

ドイツのブンデスリーガは、ドイツ最高峰のプロサッカーリーグであり、1部、2部、3部の構成となっています。1部と2部にはそれぞれ18クラブ、3部には20クラブの総勢56クラブが在籍しています。ブンデスリーガには、ヨーロッパでも指折りの厳しさと言われているドイツサッカー連盟のライセンスを取得できないと、プロクラブとして参加することができないのです。
また、チーム名に親会社の企業名を入れることが認められないなどの、他の欧州のリーグに比べて少し変わった特色を持っています。

資金力のあるチームが強い傾向にある

先に説明したように、ブンデスリーガにプロクラブとして参加するためには、厳しい条件をクリアしないといけないのです。そのため、借金経営をするわけにはいかず、良い選手を獲得しようとするときには、やはり企業の資金力が問題となってきます。
多くのクラブでは、それによりなかなか破格の移籍金を提示することができないのですが、資金力のあるバイエルン・ミュンヘンだけは豊富な資金によって選手の補強を行うことができます。
ですから、ドルトムントやヴォルフスブルクといったチームがトップになったとしても、その年の有力選手をバイエルンが獲得して、次年度はバイエルンが優勝するということがよくあるのです。

背の高さを生かしたプレーが多い

ブンデスリーガのクラブには、高身長の選手が非常に多いことが特徴です。世界的にもゲルマン系民族の身長は高いことで知られており、ブンデスリーガのクラブ同士であれば、そこまで意識することはないのですが、チャンピオンズリーグやワールドカップになると、その身長差に驚かされてしまいます。
そのため、高身長を生かした空中戦が得意であり、日本においてもボール自体に触ることができずに苦戦することも少なくありませんでした。

まとめ

さて、今回はドイツのトップリーグであるブンデスリーガの知っておきたい基本知識についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
日本人選手も多く活躍しているブンデスリーガは、新たな日本人スター選手が今後も増えていく可能性がありそうですね。

以上「世界一の観客動員数を誇るドイツ・ブンデスリーガの徹底分析」でした。

関連記事

おすすめの記事