「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

高レベルの戦い!イタリア・セリエAを徹底解説!

2016 9/2 12:22
イタリアカラーの作家ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by gualtiero boffi/Shutterstock.com

イタリア・セリエAについて、もっと詳しくなりたい方へ。
イタリアリーグのトップであるセリエAについてもっと詳しくなって、リーグ戦を楽しみたいですよね?
今回は、セリエA の知っておきたい基礎知識をご紹介します。

セリエAとは

イタリアのセリエAは、イタリアのプロサッカーリーグであるレガ・カルチョの1部リーグのことをいいます。
1929年に現在のリーグ構成になり、1990年代にはUEFAチャンピオンズリーグで7年連続でセリエAのクラブチームが決勝ファイナルに進むなど、輝かしい実績を持ったリーグです。
欧州4大リーグのひとつであり、世界中に多くのファンを抱え持っている人気リーグです。日本にもファンが多く、専用チャンネルでリアルタイムで試合を観戦することができます。

セリエAのリーグ形式は?

セリエAには、現在クラブチームが20チームあります。
リーグ戦については、オーソドックスなルールであるホームアンドアウェー方式の2回戦の形式で行われます。そのため、1クラブ38試合、リーグ全体で380試合が1シーズンに開催されます。
順位の決定方式は勝ち点方式であり、勝者は3点、引き分けの場合は両クラブに1点が加算されます。1シーズンの勝ち点で順位を競い、上位3クラブにUEFAチャンピオンズリーグへの出場権が与えられます。

期待のトップ選手はどんな選手がいる?

現在セリエAにおいて注目度の高い選手は、ユヴェントスのポール・ポグバ選手とナポリのゴンサロ・イグアイン選手です。
中でもポール・ポグバ選手は、若年のうちに強豪ユヴェントスの正レギュラーに抜擢され、チャンピオンズリーグでも好成績を残しています。後のバロンドールの候補とも囁かれており、今後の活躍に期待ができそうです。
ナポリのゴンサロ・イグアイン選手は、怪我の多発により評価は低めですが、それでもセリエAの得点王として君臨しています。

日本人選手は誰がセリエAに在籍している?

現在セリエAのクラブチームに所属している日本人選手は、インテルの長友佑都選手と、ミランの本田圭佑選手です。両選手とも評価が悪いわけではないですが、良いときと悪い時の波が激しいことから、メディア上での評価も同じように浮き沈みが激しいです。
とはいえ、最高評価を受けることも少なくなく、技術的にはこのセリエAでも十分通用する選手であるといえるでしょう。過去にも、三浦知良選手や中田英寿選手をはじめ、多くの日本のトップ選手が移籍していますが、中田英寿選手が一番高く評価されています。

欧州4大リーグにおける位置づけとは

先に紹介した通り、セリエAは1990年代には7回連続UEFAチャンピオンズリーグの決勝ファイナルに進出していることから、当時は4大リーグの中でも最高峰であると評価されていました。
しかし、2000年代に入ってからは評価は良くなく、特にミランとインテルが不振によって評価を落としてしまいます。残る名門としてユヴェントスは高評価を続けていましたが、それでも厳しく、2013年には4大リーグから3大リーグに呼び名を変えた方がいいのではないかとも囁かれました。
2014年にユヴェントスが決勝進出したことにより、この声はなくなりましたが、4大リーグの中でもイマイチ評価は低くなっております。

まとめ

さて、今回はイタリアのセリエAの基本知識についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
かつては世界最高峰と呼ばれていましたが、現在は少し評価が下がっているようです。
とはいえ、今後再興する可能性もあり、復活する日を心待ちにしている人も多いようです。

以上「高レベルの戦い!イタリア・セリエAを徹底解説!」でした。

関連記事

おすすめの記事