「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

限定で代表カムバックのルーニーは完全復帰を。生きる伝説を終わらせないで

2018 11/10 15:00Takuya Nagata
ルーニー,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

1試合限定でイングランドの代表に復帰

イングランドサッカー協会(FA)は、11月15日にウェンブリースタジアムで米国を迎えて国際親善試合を行う。

そこで、ウェイン・ルーニー(33)が1試合限定で代表に復帰をすると発表した。ルーニーの代表120試合目となるこの試合は、「ウェイン・ルーニー財団インターナショナル」と題したチャリティーマッチとして開催されることも同時に明らかになった。

記録づくしの代表キャリアを持つが、英メディアは厳しい目

17歳111日のイングランド最年少代表記録(当時)、17歳317日のイングランド代表最年少得点、53得点のイングランド代表歴代最多得点と、記録に彩られた功績を称える代表引退試合の位置付けだ。

しかし伝統を重んじ、目の厳しい英国メディアには、神聖な代表のピッチに対して、お祭りのようにルーニーを招集する正当性について、議論が沸き起こっている。米国メジャーリーグサッカー・D.C.ユナイテッドという、イングランドプレミアリーグから見たら、明らかにレベルが下のクラブでプレーしていることも一因だ。

2017年の夏に代表引退を宣言したルーニー。ヨーロッパでは、夏にはバカンスに行くものという風潮があるが、代表チームはオフシーズンの夏期にも活動があるため、余力を残して代表引退する選手もいる。ルーニーに関しては、実は舞台裏でガレス・サウスゲート監督が代表慰留を目指していた。つまり、ルーニーは自分の意思で代表を退いたのであり、代表監督の構想にはまだ入っているのだ。

アメリカに渡る前は、マンチェスター・ユナイテッドで先発を外れることが増えたが、古巣エバートンに復帰すると輝きを取り戻した。行き場がなく米国に行ったというより、キャリアを終える前に新しい世界を見たかったのではないだろうか。

D.C.ユナイテッドでは、20試合に出場し、12得点7アシストと活躍。若手主体で最下位に沈んでいたチームをプレーオフ進出に導いた。

ルーニーの代表での功績、そして実力的に代表チームの構想にあることを鑑みると、決して代表の舞台を軽んじる行為ではないだろう。むしろ、ルーニーは進んでチャリティーマッチを行っているわけで、称賛に値するものだ。

おすすめの記事