「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

メッシ不在も戦術で圧倒したバルセロナ エル・クラシコを5-1で快勝!

2018 10/30 07:00中山亮
スアレス,FCバルセロナ,Ⓒゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

クラシコ前のチーム状況

古くから世界各地でプレーされているサッカーではその地域ごとに様々な言葉・表現が存在する。

スペインで使われているそんな言葉の1つが「マニータ」。本来は子供の手を表す言葉だが、そこから5本指の5、つまり5得点を表し、歓喜の完勝、屈辱の完敗を表す表現となった。

全世界が注目する公式戦239回目となる2018-19シーズン最初のエル・クラシコは5-1とマニータ(5本の指)でメッシ不在のバルセロナがレアル・マドリードを下した。

強豪チームには数多くの代表選手が所属していることもあり、ワールドカップ明けのシーズンはどうしても波乱が多くなるものだが、2018-19シーズンのラ・リーガも大混戦。

ホームでエル・クラシコを迎えるバルセロナは何とか首位をキープしているものの第5節ジローナ戦からの4試合を3分1敗と苦しみ、前節第9節の首位決戦セビージャ戦では勝利したものの、メッシが骨折で離脱するというアクシデントにも見舞われた。

一方のレアル・マドリードはさらに深刻。開幕前にジダン監督と長年チームを支えたC・ロナウドがチームを離れ大きな変化が起こった。

スペイン代表をワールドカップ直前まで指揮したロペテギ監督を引き抜き、開幕から第5節までは勝ち点を重ねていたが、第6節にセビージャに敗れて以降前節までの4試合を1分3敗と大ブレーキとなり、順位もEL圏外となる7位。

大きなトラブルを発生させてまで獲得したロペテギ監督の進退問題が巻き起こる中でエル・クラシコを迎えた。

おすすめの記事