「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

新時代のエル・クラシコの予感、バルサとレアル・マドリーが激突

2018 10/25 11:00Takuya Nagata
バルセロナFC,レアル・マドリード,エル・クラシコⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

メッシとロナウド不在の対戦は11年ぶり

スペインサッカー伝統の一戦「エル・クラシコ」が10月28日、バルセロナのホームで行われる。エースのリオネル・メッシが右腕を骨折し欠場することが決まっている一方、レアル・マドリ―も、長らくエースを務めたクリスチアーノ・ロナウドがユベントスに移籍し不在だ。この二大役者がいない対戦は、実に2007-08シーズン以来、実に11年ぶりのこととなる。

メッシが欠場したエル・クラシコは2試合で1分1敗と、バルサはメッシ不在でレアルに勝ったことがない。対照的にメッシの出場したエル・クラシコは、バルセロナが17勝9分12敗で勝ち越しており、メッシ自身も2回のハットトリックを含む26得点を決めている。バルサはメッシがいるとエル・クラシコで強いが、不在だとそうではないということになる。

エル・クラシコ以外の試合についても、メッシが負傷欠場した試合のデータをみると、80試合で48勝17分15敗だ。これを勝点に置き換えて、1シーズンの試合数38で割り出すと、およそ勝点76。例年の優勝チームの目安となる勝点90点台を大きく下回る数値が出る。

メッシ不在はチームの行方に大きく影響を与えており、バルセロナはメッシに破格の年俸を支払ってはいるが、この数字を見ると適正価格と言わざるを得ない。メッシの代役は世界中を見渡してもそう簡単にはおらず、今回バルセロナはチーム全体でメッシの埋め合わせをする構えだ。

バルサのエルネスト・バルベルデ監督は、「メッシが魔法で復活できればよいのだが、間違いなく欠場する。彼なしでの戦い方を見出す必要がある。メッシの役割を一選手に背負わせるわけにはいかない。彼は最高の選手で、うちは彼に依存している。他に何と言うことができるだろうか。」とメッシに依存したチームであることを認めている。

おすすめの記事