「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リヴァプールCL優勝に現実味 中盤安定で10年ぶりCL4強

2018 4/24 17:00SPAIA編集部
リヴァプール
このエントリーをはてなブックマークに追加

10シーズンぶりの快挙に沸き立つ

4月10日のUEFAチャンピオンズリーグ準々決勝でマンチェスター・シティを下し、実に10シーズンぶりにベスト4進出を果たしたリヴァプール。長くタイトルから遠ざかっていたが今季は一味違う。

3シーズン目となったクロップ体制の中、大型補強も敢行。チームを率いていたフィリペ・コウチーニョがシーズン途中に抜けても勢いは衰えず、新戦力モハメド・サラーがリーグ得点ランキング首位を独走するなど、良い結果をもたらしている。

リヴァプールの陣容は同じくベスト4に残ったレアル・マドリーやバイエルンと比べると層が厚いとは言えない。しかしこの若いチームには、たとえ欠場者がいても乗り切れるだけの勢いがあるのだ。

ビッグネームを失い続けたチーム

ここ数シーズンのリヴァプールは、毎シーズン主軸選手を失い続けてきた。
ルイス・スアレス、ラヒーム・スターリングらが移籍し、クラブの象徴だったスティーブン・ジェラードが引退。今シーズンもチームの大黒柱として活躍していたコウチーニョがバルセロナへと移籍した。

毎シーズン中心選手が出ていくためチームの形が見えないリヴァプール。クラブOBからは、いまのチームにはふさわしいビッグネームがいないとの指摘を受け続けてきた。

おすすめの記事