「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【CL準決勝】実質決勝!バイエルンVSレアル・マドリード

2018 4/18 20:03dai06
ユップ・ハインケス
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

メガクラブ激突!実質の決勝戦

言わずと知れた名クラブ、FCバイエルン・ミュンヘンとレアル・マドリードCF。いずれのクラブも知名度、経済力、保有する戦力が強大で、メガクラブと呼ぶにふさわしい。
バイエルンは2012-13シーズンからリーグ5連覇を成し遂げ、今季も5節を残したタイミングで6連覇が決まった。

マドリーも今季はリーグで不調だったが、CLでは2連覇を果たし今季は3連覇をかけて戦っている。リーグタイトルの獲得が難しくなった今、求められるのはCLのタイトル。そこにかける想いはどのクラブよりも強いはずだ。

バイエルンにとって昨シーズンのCL準々決勝で敗れた相手がマドリー。その雪辱を果たすという意義がこの試合にはある。
サッカーファンがこの試合を実質上の決勝と呼ぶのには、戦力の強大さだけではなく、これまでの実績なども影響しているためだ。もう一方の組み合わせであるリヴァプールFCとASローマも間違いなく注目すべき試合だが、バイエルンとマドリーの試合にはかなわないだろう。

ユップ・ハインケス勇退なるか?後任にはコヴァチ氏が決定済み

CL準決勝に臨むバイエルンを率いるのが、今シーズン開始直後カルロ・アンチェロッティの後を引き継いだユップ・ハインケス。ジョゼップ・グアルディオラがバイエルンを指揮する直前に3冠を達成して監督業を退いた。

しかし、ハインケスは見事バイエルンを立て直し、前述の通り早々にリーグ王者へと導くことに成功。その手腕が再評価された。
この再任はあくまでも暫定的だったものだったようで、シーズンの閉幕を待たずしてバイエルンは次の監督を決定している。白羽の矢を立てたのはクラブOBで、現在はアイントラハト・フランクフルトを指揮するニコ・コヴァチ。

バイエルンはすでにクラブの公式声明として、18年7月1日から彼が監督に就任することを発表しており、ハインケスは再び監督業から退くものと思われる。ハインケスの集大成を飾るためにも、次シーズンにコヴァチの下で良いスタートを切るためにも、バイエルンとしてはこのCLで負けるわけにいかない。

おすすめの記事