「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

チームに全てをささげたバンディエラ

2018 3/23 12:28跳ねる柑橘
フランチェスコ・トッティ
このエントリーをはてなブックマークに追加

チームの象徴=旗を掲げる男“バンディエラ”

アスリートの選手生命は短い。プロとしては早くて10代後半からはじまり、多くの選手が30代半ばで引退を表明する。その限られたフットボール人生の中で、選手たちはステップアップや出場機会の確保のため、あるいはチーム事情などから複数のクラブで経験を積むことが多い。

そんななか一つのチームに忠誠を誓い、クラブを象徴する存在として「バンディエラ」と呼ばれる選手がいる。バンディエラとはイタリア語で「旗手」を意味する。

キャリアを通じてひとつのクラブだけに15年以上所属し、クラブに大きな影響を与えた偉大な選手など、定義は複数ある。しかし、ここではあえて「ほぼひとつのクラブにだけ所属し、キャプテンやそれに匹敵する影響力があった選手」としたい。

単語のルーツ、イタリアのバンディエラ

まずは、ローマのフランチェスコ・トッティだ。2017年に現役を退きローマのフロントに入ったトッティは、かつてはレアル・マドリーなどのビッグクラブへの移籍の可能性もあったが、25シーズンにわたりローマに在籍。

その系譜はダニエレ・デロッシへと受け継がれ、2000年に下部組織に加わって以来ローマ一筋だ。2017-18シーズンで18年目を迎えた。

またACミランにも偉大なバンディエラたちがいた。フランコ・バレージとパオロ・マルディーニは、どちらも20年以上ミランでプレー。とくにマルディーニには筋金入りのバンディエラの血が流れている。父チェーザレは12年ミランでプレーしキャプテンを務め、監督としても2度ミランを率いた。さらにパオロの息子クリスティアン、ダニエルもミランの下部組織に入団。バンディエラの系譜は今も続いている。

おすすめの記事