「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ラテンの男が熱い!ワールドカップ注目選手

2018 3/14 09:59跳ねる柑橘
ダビド・オスピナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

混戦必至のグループHで頭一つ抜けた強豪コロンビア

6月から7月にかけて開催される世界最高峰のフットボールの祭典、2018年ワールドカップロシア大会。グループステージで日本はグループHに入った。
このグループHで日本はセネガル、ポーランド、コロンビアという面々と戦い、決勝トーナメントへと進める上位2位以内を目指す。

優勝候補筆頭の国が不在と言われるグループHは混戦必至だ。今回はこのグループHのライバルの中から、グループH最強にして大会のダークホースと目される南米の強豪コロンビア、そして注目選手4人を紹介する。

コロンビアってこんな国

コロンビアは南米大陸の北西に位置する共和制国家である。国土は日本の3倍の面積があり、人口は約4800万人。大国ブラジルに次ぎ南米で2番目の人口を誇っている。
日本ではコーヒーの産地として有名だが、南米らしくサッカーが盛んな国だ。

ワールドカップの出場回数はロシア大会で6回目となる。強豪国にしては出場回数が少なく感じられるが、出場枠を争う相手がブラジルやアルゼンチン、チリなど世界最強クラスの国々であり、出場枠を勝ち取れるだけでも強さがわかるだろう。
ワールドカップでの最高成績は、2014年ブラジル大会のベスト8。グループHトップクラスの力を持つと言われ、ダークホースとして優勝を狙っている。

おすすめの記事