「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年Ver】メッシもロナウドもいない世界の後継者候補たち

2018 2/16 12:50dai06
サカーユニホーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

負傷に苦しむもプレーは一流、ギャレス・ベイル

2013年の夏にマドリードに移籍したギャレス・ベイル。彼に求められたのはロナウドが牽引していた攻撃陣の底上げだけでなく、加齢に伴う衰えが懸念され始めたロナウドに取って代わるシンボルとしての活躍だった。
マドリードは豊富な資金力と圧倒的なブランド力で多くの有名選手を補強してきたが、ロナウドの後継者探しには苦心している。

ロナウド同様に鮮やかなドリブルと圧倒的なスピードとパワー、サポーターからの支持が期待できるのがベイルだったのだ。しかし、加入以来相次ぐ負傷に悩まされており満足にプレーできない時間が続き、サポーターからの支持も離れつつある。
それが前述のネイマールやアザールなどのマドリード加入が噂される所以なのだ。

せめて加入初年度である2013-14シーズンのリーグ27試合出場といった、20試合超えの出場試合数は欲しいところだ。そのなかで自身の存在価値を示すことで、ロナウドに取って代わる存在としてもてはやされる時が来るだろう。
それができるだけのクオリティが彼にはすでに備わっている。

おすすめの記事