「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【大型トレード】2018年冬に実現した注目の移籍に迫る

2018 2/6 15:58dai06
アレクシス・サンチェス
このエントリーをはてなブックマークに追加

半年待って実現した移籍!バルセロナ入りのコウチーニョ

リヴァプールFC(以下、リヴァプール)からは、フィリペ・コウチーニョがFCバルセロナ(以下、バルセロナ)へと移籍した。移籍金の金額は1億6000万ユーロ(約218億円)。この金額は夏に約290億円でパリ・サンジェルマンFC(以下、PSG)に移籍したネイマールに次いで、歴代2位の高額移籍である。これでリヴァプールからバルセロナへは、2014年夏のルイス・スアレスに続いて2人目の主力の流出となった。

バルセロナは夏にウスマン・デンベレを獲得しているが、彼は負傷離脱もありバルセロナではまだ満足にプレーができていない。加えて、すでに30代半ばを迎えようとしているアンドレス・イニエスタの後継者探しは急務であり、コウチーニョにかけられる期待には、この要素が大きい。

柔らかいボールタッチに味方との卓越した連携とチャンスメイク、自身でゴールに迫ることもできるコウチーニョならば、バルセロナのスタイルに適応することができるだろう。移籍を志願してからは半年かかっての加入となったが、その分彼には注目が集まっている。

いなくなった下部組織出身の兄弟、インテル入りのラフィーニャ

バルセロナには、下部組織出身のアルカンタラ兄弟がいた。チアゴ・アルカンタラとラフィーニャ・アルカンタラだ。
兄であるチアゴは出場機会を得るために2013年夏にバルセロナを退団し、FCバイエルン・ミュンヘン(以下、バイエルン)に加入している。弟のラフィーニャもチアゴ同様に出場機会を求め、インテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)にレンタル移籍した。
このレンタルには買い取りオプションがつけられており、3500万ユーロ(約45億5000万円)+300万ユーロ(約3億9000万円)での買い取りとなるようだ。

ラフィーニャはチアゴよりも中盤の深い位置でプレーするのが得意な選手だ。兄同様ドリブルも得意で前へ走ることができるが、それよりは深い位置でボールを回すことやディフェンスをすること、ミドルシュートを放つことに長ける。
イカルディやペリシッチら前線の選手に攻撃依存しがちなインテルにとっては、攻撃においてだけでなく守備においても戦略の幅を広げることができるだろう。

ただ、バルセロナの控え選手だったラフィーニャに対しては懐疑的な目も多く、この先活躍できなければ高額な取引は破断に終わってしまうだろう。

おすすめの記事