「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【血の入れ替え】2018年夏に起きるかもしれないビッグディール候補者たち

2018 2/6 15:58dai06
アントワーヌ・グリーズマン
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワンクッション置いてのレアル入り?244億円のネイマール

2017年夏にバルセロナFC(以下、バルセロナ)を脱し、パリ・サンジェルマンFC(以下、PSG)入りを果たしたのがネイマールだ。PSGが獲得に要した金額は約290億円。この驚きの数字は他の選手の市場価値をも高騰させた。

しかし、ネイマールの周辺は常に騒がしくなっており、2018年夏にはレアル・マドリードCF(以下、マドリード)が彼の獲得を目指しているという。間にPSGというワンクッションを挟んではいるものの、元バルセロナの選手がマドリードに入るのは禁忌だ。
彼の市場価値は現在、1億80000万ユーロ(約244億円)と言われているが、前年に290億円でPSG入りしていることを鑑みれば、実際にはその数字と同額かそれを上回るような金額でなければ獲得は難しいだろう。

一説にはマドリードに所属するクリスティアーノ・ロナウドとのトレード案も挙がっているが、果たして噂で収まるだろうか。ネイマールから、まだまだ目が離せない。

噂される移籍先は世界各国、162億円のクリスティアーノ・ロナウド

クリスティアーノ・ロナウドはマドリード加入以来、同クラブのエースとして君臨し続けてきた。守備のタスクを免除され、常にゴールを奪うことを課せられたポルトガル人FWは、その期待に応え続けてきた。

しかし、2016-17シーズンにはリーグ29試合出場で25ゴール記録していた彼が、2017-18シーズンに入るとリーグ16試合出場時点でわずか8ゴールと波に乗れていない(2018/2/2現在)。
加齢による衰えは致し方のないことだが、彼ほどの選手がここまで絶不調に陥るのは異常だ。

サポーターからの風当たりも強くなってきている彼は移籍を希望しているとされるが、その市場価値は約1億2000万ユーロ(約162億円)とまだまだ高額だ。マドリードが血を入れ替えるには資金を得るためにも、そして新たなエースを据えるためのポジションを空けるためにも彼を売却しなければならないだろう。
移籍先は前述のネイマールとのトレードによるPSGや古巣であるマンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)、MLSや中国のクラブであるともされる。稀代のカリスマの今後には大きな注目が集まっている。

おすすめの記事