「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【まだやれた】欧州5大リーグから姿を消した有力選手!FW編

2018 1/19 18:29dai06
セバスティアン・ジョヴィンコ
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国に渡ったスター!上海申花のカルロス・テベス

カルロス・テベスは莫大な中国マネーにより、上海緑地申花足球倶楽部(以下、上海申花)に移籍。躍進する中国リーグの象徴として担ぎ上げられた。
それまでには、ボカ・ジュニアーズ、マンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)、マンチェスター・シティFC、ユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)などの名門を渡り歩き、多くのゴールを量産してきた。

どこへ行っても活躍できるテベスは最高の傭兵で、紛れもないスターである。軸のぶれないドリブル、ゴール前での落ち着き、チャンスメイク。何をやらせてもそつなくこなせる、それがテベスだ。
ただ、中国に渡ってからは、全くといっていいほど満足な働きができておらず、良いキャリアを送れているとは言えない。2018年1月に上海申花は、テベスと正式に契約解除したことを発表した。
古巣であるボカ・ジュニアーズに復帰するとの噂もあるが、彼ほどの才能がこのままキャリアを棒に振るのはもったいないと言えるだろう。

流浪の天才!天津権健のアレシャンドレ・パト

テベスと同じく中国クラブ、天津権健足球倶楽部に所属するのがアレシャンドレ・パトだ。SCインテルナシオナルが育てたこの天才的FWは、10代の頃にACミランで大ブレイク。
端正な顔立ちも相まって、サポーターからはアイドル的な扱いをされていた。

ただ、負傷癖が彼のキャリアを幾度となく阻み、その評価はトーンダウン。ブラジルへの復帰やイングランドのチェルシーFC、スペインのビジャレアルCFなどを経て中国にたどり着く。
スピードは落ちてきたものの柔らかいタッチと、時折見せる機を見た抜け出しには定評があり、まだまだ現役であることを証明している。

おすすめの記事