「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2018年ワールドカップロシア大会 アフリカのタレント軍団セネガルとは

2018 1/13 18:05跳ねる柑橘
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

ワールドカップロシア大会 日本が戦う予選グループHは実力者ぞろい

2018年夏に開催されるFIFAワールドカップロシア大会。2017年12月に予選のグループ分け抽選会が行われた。
日本が入ったグループHには、ポッド1から東欧の強豪ポーランド、ポッド2からは前回大会で完敗を喫したコロンビア、そしてポッド3からはアフリカの強豪セネガルが入っている。

絶対的な優勝候補国の名前はないものの、いずれも各大陸の強豪だ。これから3回にわたってこのグループHを戦う3か国がどんな国、どんなチームなのかひとつずつ紹介していこう。

テランガのライオン、アフリカ代表セネガル

セネガルはアフリカ大陸の最西端にある共和制国家で、西に大西洋をのぞむ、熱帯の国だ。首都ダカールは、ダカール・ラリーと呼ばれるモータースポーツの耐久レース(かつてはパリ‐ダカール・ラリー、通称『パリ・ダカ』と呼ばれた)の終着点として知られている。
1960年にフランスから独立した歴史を持ち、公用語はフランス語だ。

日本では『パリ・ダカ』のほかに、2002年のワールドカップ日韓大会で大旋風を巻き起こしたことでその名が知られるようになった。この日韓大会がワールドカップ初出場だったのだが、初戦でフランスに勝利すると、その後もウルグアイ、デンマークといった強豪相手に引き分け決勝トーナメントに進出。

ベスト16でもスウェーデンを相手に粘り強く戦い延長の末勝利し、初出場でベスト8という快挙を果たした。今回セネガルはアフリカ予選グループDを首位で突破し、2018年のロシア大会は4大会ぶり2度目の本戦出場となる。

おすすめの記事