「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【まだやれた】欧州の5大リーグから姿を消した有力選手!MF編

2018 1/14 18:07dai06
本田圭佑
このエントリーをはてなブックマークに追加

万能なトップ下!上海上港のオスカル

2016年12月、チェルシーFC(以下、チェルシー)から中国の上海上港集団足球倶楽部(以下、上海上港)に移ったのがオスカルだ。チェルシーではトップ下の選手として、200を超える試合に出場。攻撃のタクトを振るうことのできる選手として機能していた。
強烈かつ正確なミドルシュート、綺麗な弧を描くコントロールシュートなども得意とすることから、シャドーストライカーとしての役割も果たせる。まさに万能型のトップ下として、様々な局面で活躍できる選手だ。

オスカルは調子を落とすことこそあったものの、2017年は21試合に出場し2ゴール9アシストを記録。チェルシー時代同様に上海上港でも美しくタクトを振るうのであった。
ただやはり、20代半ばでの中国クラブへの移籍は少々早過ぎたのかもしれない。まだ若い彼には欧州復帰の可能性がいくらでも考えられる。

止まることを知らないエンジン!江蘇蘇寧のラミレス

前述のオスカル同様、チェルシーから中国クラブの江蘇蘇寧足球倶楽部(以下、江蘇蘇寧)に移り、プレーしているのがラミレスだ。彼は無尽蔵のスタミナを活かした動きが得意で、守備時には相手選手を追い越す形でボールを奪う。
一方、攻撃時にはとにかくボールを前に運ぶことのできるオーガナイザーとしてプレーした。

彼のつけた7番はチェルシーサポーターにとっては感慨深いもので、彼が去った後にはエンゴロ・カンテが7番をつけてプレーしている。彼もまたラミレス同様に卓越した才能を武器に、チェルシーの7番の系譜を受け継いでいる。
中国に渡ってからもラミレスのプレースタイルは変わらず、常に猛然と走る姿が観客を沸かせている。すでに30代を迎えているものの、チームのエンジンとして走ることを止めはしない。

おすすめの記事