「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18セリエA】今注目すべき最高のコンビ&トリオ!

2017 11/29 12:26dai06
ダニエレ・ルガーニ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

ユヴェントスの壁!キエッリーニ&バルツァッリ&ルガーニ

鉄壁の守りで知られるユヴェントスFC(以下、ユヴェントス)には、ジョルジョ・キエッリーニ、アンドレア・バルツァッリ、レオナルド・ボヌッチからなる不動の3バック存在した。
彼ら3人による鉄壁の守りとその後ろにいるジャンルイジ・ブッフォンの守りは、いくつもの相手の攻撃を跳ね返し、ユヴェントス、そしてイタリア代表を支えてきた。

しかし、2017-18シーズンからはボヌッチが抜けたことにより、その顔ぶれは変わりつつある。さらには2016-17シーズン途中から採用し始めた4-2-3-1のシステムにより、ローテーション制がとられることも増えてきた。
そうして加わったのがダニエレ・ルガーニという若手だ。
高齢化の進むユヴェントスにとって、ルガーニのような若手が育つのは好ましいことで、キエッリーニやバルツァッリがいなくなった後のユヴェントスでも重要な存在となるはずだ。
それまではローテーションされるCBの一選手として、偉大な先輩達を見習い成長してもらいたい

ミランの新戦力はこれから?アンドレ・シウバ&チャルハノール

2017-18シーズンに大補強を行ったACミラン(以下、ミラン)。 その補強のなかでも、目玉となったのがアンドレ・シウバとハカン・チャルハノールの獲得だ。
クリスティアーノ・ロナウド2世と目されるアンドレ・シウバ、FKの天才と称されるチャルハノール。どちらもこのシーズンの移籍市場の注目株だった選手で、その両選手の獲得をあっという間にまとめた、ミラン首脳陣の手腕は評価できる。

しかし、どちらも下馬評通りの活躍は見せておらず、補強を失敗とする声も高まっている。もっとも、アンドレ・シウバの方は代表での活躍は十分なだけに、定着することさえできればその評価も変わるはずだ。
チャルハノールは背番号10が重荷になっているのだろうか。アンドレ・シウバよりも厳しい状況にあるのが事実で、今後の活躍次第ではあっという間に放出される可能性もある。
どちらの選手も今後目が離せない。できることなら、この2人の美しいパス、FK、ゴールを観ることができれば言うことはない。

おすすめの記事