「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18リーガ・エスパニョーラ】今注目すべき最高のコンビ&トリオ!

2017 11/29 12:10dai06
トニ・クロース選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

バルセロナに残された牙!メッシ&スアレス

かつてFCバルセロナ(以下、バルセロナ)には、メッシ、スアレス、ネイマールからなる世界最高峰のトリデンテ(トリオ)「MSN」がいた。
MSNの3人の怪物級のアタッカーが、間髪入れず相手ゴールに迫ることで相手DFはマークが安定せず、ゴールを大量に奪われていった。そもそも3人それぞれが独力でもゴールを奪えるほどの選手。この3人が一斉に攻め寄せるのだから、止めるほうが難しい話だ。
しかし、2017年夏の移籍市場でネイマールが離脱したことで、MSNは解散。バルセロナにはメッシとスアレスの2人が残った。

ネイマールの後釜はまだ定着していないものの、バルセロナはこの2人だけで十分やっていけている。宿敵であるレアル・マドリード(以下、マドリード)の不調もあり、2017-18シーズンは首位を走り続けられる見通しも立ってきた。
もっとも加齢による衰えが危惧され始めた2人の代役、そしてバックアッパー探しはこれからも求められるだろう。

マドリードの2人の司令塔!トニ・クロース&モドリッチ&カゼミーロ

マドリードを牽引してきた存在、クリスティアーノ・ロナウド。彼はその優れたクオリティでいくつものゴールと勝利をもたらしてきたが、その裏にはトニ・クロース、モドリッチ、カゼミーロら中盤の選手の働きもあったことを忘れてはならない。

モドリッチの柔らかいドリブルとロングパス、そしてトニ・クロースのコースを突いたインサイドキック、カゼミーロの果敢な守備貢献。そのどれもが偉大なエース、ロナウドを支えてきた。
2017-18シーズンのロナウドは、これまで経験したことのないような不調に陥っているが、この中盤の3人が健在である限り、復調の可能性がゼロとは言い切れないだろう。

おすすめの記事