「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2017-18プレミアリーグ】今注目すべき最高のコンビ&トリオ!

2017 11/24 16:16dai06
サッカープレイヤー
このエントリーをはてなブックマークに追加

チェルシーの分厚い壁!カンテ&バカヨコ

チェルシーFC(以下、チェルシー)の中盤に君臨しているのが、エンゴロ・カンテと、ティエムエ・バカヨコだ。
優れたボール奪取能力、状況判断力を持つカンテに至っては、2、3年前の評価とは打って変わって、一躍世界最高のMFとも評されるようになった。2016-17シーズンのチェルシーの優勝も彼の存在なしではあり得なかっただろう。

そのカンテの相棒となったのが、ティエムエ・バカヨコだ。バカヨコはチェルシーを去ったネマニャ・マティッチの後釜としてやってきたが、バカヨコにはバカヨコの良さがある。
カンテがボール奪取+前線へのオーガナイズを試みるのに対し、バカヨコはそれよりもすぐ後ろで、ボール奪取に加えてゴールに蓋をする役割を果たす。 バカヨコは中央の深い位置、それも相手のパスコースやシュートコースを切る位置に的確にポジションをとり、相手に思うような攻撃をさせないのだ。縦横無尽に動き回るカンテの働きは、このバカヨコのサポートがあってのものである。
カンテもバカヨコのどちらもがフランス人MF。代表でも活躍が期待されるこの2枚看板を、チェルシーが押さえていることの意味は大きい。

アーセナルの主砲はどこへ行く!サンチェス&エジル

「ガナーズ(砲撃手)」の愛称で知られるアーセナルFC(以下、アーセナル)の主砲として活躍しているのが、アレクシス・サンチェスとメスト・エジルだ。どちらも元々はリーガ・エスパニョーラなどでプレーした後に、アーセナルへやってきた。

パスサッカーを好むヴェンゲルの下で、両選手は常に主力であり、チームの柱としてプレーする。サンチェスのキレの良いドリブルは、幾度なく相手陣営を切り裂き守備に綻びをつくる。
エジルの柔らかなドリブルは相手選手を困惑させ、パスを通すための時間とコースを生む。エジルからは美しいパスが量産され、攻撃陣はエジルなくして、円滑な攻撃を行えない。

しかし、アーセナルと両選手らの契約延長交渉は難航しており、2017-18シーズンを最後に退団する可能性が高くなっている。アーセナルとヴェンゲルは2人の引き留めを狙っているが、すでに後任のリストアップもスタートしている。
願わくは、どちらの選手にも去ってもらいたくはないが、どうなるのだろうか。

おすすめの記事