「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【最高の相棒】カリム・ベンゼマなくしてあの男の存在はなし

2017 11/22 16:07dai06
カリム・ベンゼマ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベンゼマの生い立ちとジダンとの共通点

レアル・マドリードCF(以下、マドリード)でプレーするカリム・ベンゼマは、1987年12月19日にフランスのリヨンで生まれ、フランス代表選手としてもプレーしてきた。彼はフランス人だが、ベンゼマ家は祖父の時代にリヨンにやってきたため、ルーツはベルベル系のアルジェリア人だ。
フランスにはこうしたアルジェリアをルーツとする人々が多く、それはサッカー界でも例外ではない。ベンゼマと同じようなケースでは、あのジネディーヌ・ジダンもそうだ。

ベンゼマは1996年にオリンピック・リヨン(以下、リヨン)のユースに入ると、あっという間に頭角を現すようになる。同年代の少年らとは全く違う動き、成長スピードを見せ、2004-05シーズンよりリヨンでプロデビュー。20008-09シーズンまで同クラブでプレーし、2009-10シーズンからはマドリードでプレーすることになる。
前述のジダンもフランスで少年時代を過ごし、ユヴェントスFCを経て、マドリード入りしている。時代は違えども、アルジェリアルーツ、フランスでの武者修行という点は両者を結びつけ、ベンゼマにジダンの姿を重ねる人々も多かった。

苦難のマドリード!同い年のイグアインとの競争

リヨンで名声を手にし、見事名門であるマドリード入を果たしたベンゼマ。しかし、彼を待ち受けていたのは、熾烈な競争だった。
名門であるマドリードには、多くの優秀な選手が在籍しており、ベンゼマが主戦場とするトップの位置にも多くのライバルがいた。ラウール・ゴンザレス、ゴンサロ・イグアインらがそうだ。
ラウールはベンゼマより約10歳年上で、絶対的な存在感を放っていた。イグアインはベンゼマと同い年、誕生日も9日しか違わないのだが、ベンゼマ同様に新進気鋭の選手として捉えられていた。

3500万ユーロ(約47億円)という高額な移籍金も相まって、開幕当初こそスタメン起用されるベンゼマだったが、やがてライバルに出場機会を奪われていくようになる。
台頭したのはイグアインだった。両足を器用に扱えるイグアインは、瞬く間にゴールを量産し、2009-10シーズンのリーグ得点ランキング2位となる27得点を記録した。ベンゼマのマドリードデビューは苦しい幕開けとなった。

おすすめの記事