「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【踊るアフロ】世界最高峰のSB!マルセロが背負うもの

2017 11/20 15:44dai06
マルセロ選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

マルセロ少年とフットサル、短かったフルミネンセでの日々

アフロヘアーが特徴的なマルセロは、1988年5月12日にブラジルのリオデジャネイロで生まれ、地元クラブであるフルミネンセFC(以下、フルミネンセ)でサッカーを始めた。
フルミネンセのユースとなったのは2002年13歳の頃で、プロデビューしたのは2005年なので、ユースを経験したのは3年間となる。少年時代のフットサル経験もあり、フルミネンセでは元々中盤の選手としてプレーしていた。
サッカーの現役引退後には、フットサルに転向する意思もあるようだ。

フルミネンセのトップチームでは、結果1シーズンしかプレーせず、2007年にはスペイン行きが決定。加入するのは名門中の名門、レアル・マドリードCF(以下、マドリード)だ。

早かった欧州上陸!10代のマルセロにかけられた期待

元々マルセロは、マドリードではなく、セビージャFCに加入する運びになっていたのだが、本人がセビージャよりもマドリード加入を希望したため、2007年の冬にマドリード入りが決定した。
600万ユーロ(約7億円)での加入と、金額だけ見ればマルセロにかけられていた期待はそれほど大きくはなかったのかもしれない。しかし当時の彼はまだ10代で、その事実を鑑みれば、この移籍金はなかなかのものと言えるかもしれない。
彼の欧州上陸はかなり早く、しかも加入したのはマドリード。これは大出世だ。

おすすめの記事