「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ピッチに降り立つ天使】アンヘル・ディ・マリアはサイドで輝く

2017 11/20 15:30dai06
ディ・マリア選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

先の細さは生まれつき?期待されていなかった少年時代

1988年2月14日生まれのアンヘル・ディ・マリアは、アルゼンチンのロサリオで育ち、小さな頃から地元クラブでサッカーに勤しんでいた。
体の線は細く周囲の目にはサッカー選手としては心もとなく映り、あまりにもよく動く様子から、多動性障害とまで疑われ、周囲から心配されて育ったという。

スピードに秀でていたディ・マリア少年の当時の本職はSBで、うってつけのポジションだ。サイドから駆け上がるそのさまは、プロデビュー後の彼と同じで、この頃からスピードだけではなく、鮮やかなドリブル技術も一定の評価を得ている。
地元クラブであるCAロサリオ・セントラルでユース、プロデビューを経験し、2007年には左WGへとコンバートを経験。ここでそのスピードとドリブルをものにし、まさに独壇場となった。

その後、国内外から注目されるようになったディ・マリアは、国内の名門ボカ・ジュニアーズへの入団を蹴り、2007年にSLベンフィカ(以下、ベンフィカ)に入団。欧州の舞台へと足を踏み入れることになる。

あっという間に世界最高峰!マドリードへの入団

ベンフィカでステップアップを果たしたディ・マリアは、2010年にはスペインの名門レアル・マドリードCF(以下、マドリード)に入団し、2005年に17歳でプロデビューしてから約5年で驚異的なスピードでスターダムを駆け上がる。

周知の通り、世界各国のスーパースターが集まっているマドリード。 幸いなことに移籍当初、ディ・マリアとスタメンを争うような競争相手はいなかったが、所属しているのはマドリード。
つまり結果が出せなければあっという間にお役御免となってしまう。しかも会長はフロレンティーノ・ペレス。金の力に物を言わせる補強はお手のものだ。

だが、ディ・マリアはマドリードで輝き始め、サイドで自由にドリブルする様は多くの賞賛を集め、「マドリードの新たな天使」と呼ばれるようになる。

おすすめの記事