「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【アジアの頂点】AFCチャンピオンズリーグの概要と歴史を解説

2017 11/10 12:24dai06
サッカーボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

AFCチャンピオンズリーグはアジアのクラブが集まる大会

AFCチャンピオンズリーグは、アジアサッカー連盟であるAFCが主催して行う、アジアのクラブチームによって競われる大会だ。略称はACL。その前身にはアジアクラブ選手権があり、前身時代には21回、AFCチャンピオンズリーグとなってからは2017年大会を含めて15回開催されている。計36回開催されている大会であり、かなり歴史のある大会だ。

ヨーロッパで開催されるチャンピオンズリーグと同じ位置付けにあり、AFCチャンピオンズリーグで勝利したクラブはアジア最強の名を有することになる。

参加クラブ数は32で、アジアサッカー連盟に加入する国々から強豪が集まる。参加できるのは、各国リーグの上位のクラブがグループステージに出場できる。この出場枠は国によって異なり、各国のカップ戦の成績によっては予選から参加できる場合もある。

この規定については度々議論がなされており、今後も変更の可能性がある。

優勝回数が多いのは韓国のクラブ

これまで優勝した回数が最も多いのは韓国のクラブで、その総数は11回、2位の日本は5回、3位のサウジアラビアが4回だ。しかし、サウジアラビアの場合は準優勝を含めると12回、日本は8回であるから、日本は少々出遅れている印象を受ける。

11回優勝した韓国のクラブのうち、最も優勝しているのは浦項スティーラースの3回だ。このクラブは韓国の国内リーグであるKリーグクラシックでも上位に食い込む常連クラブだ。

ちなみに2016年大会の優勝クラブも韓国で、全北現代モータースが2回目の優勝を経験。韓国の自動車メーカーであるヒュンダイを母体に持つこのクラブもやはり強豪で、国内リーグだけでなく、AFCチャンピオンズリーグでも上位に食い込むことが多い。どちらも警戒すべきクラブといえよう。

おすすめの記事