「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【ランキング別】AFCチャンピオンズリーグ歴代優勝国とクラブを解説

2017 11/10 12:24dai06
トロフィー
このエントリーをはてなブックマークに追加

1位は韓国!優勝11回、準優勝6回

1位はぶっちぎりで韓国だ。
優勝11回に準優勝6回という記録は、他のアジアクラブからの追随を許さない。圧巻の記録といえるだろう。

優勝11回のうち、浦項スティーラースが1997、1998、2009年に優勝を3回。城南FCが1996、2010年に優勝を2回、1997、2004年に準優勝を2回。全北現代モータースが2006、2010年に優勝を2回、2011年に優勝を1回記録している。
大変多くなるため、これ以上の記録の羅列は避けるが、これらの記録からわかるのは1990年代から2010年代にかけての約20年間に韓国のクラブは大きな成長を遂げていることだ。韓国クラブの功績に合わせて、韓国のリーグであるKリーグクラシックの観客動員数も安定した記録を保っていた。

近年は観客動員数が伸び悩み減少しているようだが、クラブ自体は相変わらず強い。特に全北現代モータースは、2017年10月現在ブラジル人選手である、レオナルド選手、リカルド・ロペス選手を両翼に配し、キレのある攻撃を展開している。彼らはおそらく今後も、AFCチャンピオンズリーグの舞台に現れる可能性が高いだろう。

2位は日本!優勝5回、準優勝3回

2位は日本だ。 後にも紹介するが、2位につけてはいるものの3位のサウジアラビアとは僅差である。優勝回数は1回しか変わらない上、優勝と準優勝の回数を合わせれば日本は8回、サウジアラビアは12回だ。
もちろん、優勝と準優勝の価値は比べられるものではなく、当然のことながら「優勝してなんぼ」という見方もあるだろう。ただ、国際舞台での優勝回数で、韓国勢の背中を追い続けるのは大変悔しいことだ。

2017年に開催されたクラブワールドカップ、鹿島アントラーズの活躍は目を見張るものだったが、あれは開催国枠での出場だった。やはり、AFCチャンピオンズリーグでアジアの頂点に立ってから、世界王者を目指すのがベストだ。

これまでにはジュビロ磐田が1999年に1回優勝、2000、2001年にも2回準優勝するなど連続して好成績を収めてきた。だが、その後は前項の韓国勢に押されている印象を受ける。決勝戦に立つ機会も少ないので、これはなんとしても日本勢に頑張ってもらいたい。

ただ、2007年の浦和レッドダイヤモンズ、2008年のガンバ大阪による日本勢の2連覇は大変嬉しいニュースだった。どちらのクラブにも阿部勇樹選手、遠藤保仁選手という偉大な司令塔がおり、日本サッカーの躍進の象徴となっていた。

おすすめの記事